サピックスの個人面談を終えてから 西新宿で開催される鉄緑会の保護者会に行ってきました。
 
用意してあった総席数が およそ880席。
 
13時からの
中2の保護者会に来ていた人数は 約620人。
 
他の学年の保護者会も同じ会場で行われるので
一番 生徒数の多い学年が 800~900人なのでしょう。
 
来られてる親御ですが、日曜ということもあり
お父さんがやや多かったですが それでも2割程度でしょうか。
 
 

ちなみに 今年の 東大、国公立医学部合格者の総数が 615人(重複を除く)なので、

相変わらずレベルは高いですね、、、

 

中学1年は、たぶん 午前中。

中学3年の親御さんが、僕らのあとに見られました。

 

 

保護者会の内容は、サピックスのそれと変わらずでした笑

 

 

宿題はしっかりやってね

中だるみの期間あるけど、がんばってね などなど。

 

途中で寝ている親御さんもいらっしゃいました。

 

 

ただ、昨年同様 鉄緑会らしい アドバイスもありました。

 

 

中学生の間は、 英語、数学のみを頑張れ。

 

学校でのその他の科目(国語を除く)は、大学受験を念頭に置く限りは

むしろ 足を引っ張る可能性もあるから やらなくていい。

 

 

もちろん、こうはっきりは断定しませんが ほぼ 言ってました。

 

 

 

全体会のあとは メインの 個別面談。

 

 

担当の先生(東大の学生さん)との個人面談が希望すればあります。

 

 

全体会から、隣りの会場に移動します。

 

 

(全体会の会場は、次の学年の全体会に使われます)

 

 

英語と数学の担当の先生が座っていて それぞれの親が 一列に並んで面談を待つ形です。

 

 

英語よりも数学の先生に並んでいる親御さんが多かったですね。

 

みなさん、数学のほうが心配なのでしょうか。

 

 

先生の方は 英語のほうが女性が多いのかなと思っていたら、

むしろ数学のほうが女性が多かったです。

 

 

だいたい平均して ひとりの先生に5人くらいの親御さんが並んでいる印象でした。

 

 

30分くらい待って

僕が質問した内容は、

 

 

全体の中で平均くらい取っていればいい?

 

授業はまじめに聞いているのか

 

遅刻とかさぼってない?

 

 

で、返答は

 

 

平均取っていればいいのではないか

 

授業はまじめに聞いている

 

最近、遅刻が2週連続あった

 

 

でした。

 

 

ん?

 

遅刻?

 

そんな報告はなかったけど まぁ そんなに目くじらを立てるようなことでもないか、、、

 

 

 

長い親御さんで20分くらい話し込んでいる方もいらっしゃったので、

人によってはかなり長い時間を立って 順番待ちをしていた印象です。

 

もう少し工夫が必要かなと思いました。

 

 

午前中に 長女の個人面談 午後に長男の個人面談。

 

 

久々に 親として 頑張った日でした笑

 

 

 

 

 
以下、役に立つ情報ございます

励みにもなるのでクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ