おはようございます。

 

昨日のお話の続きで

個別塾の選び方です。

 


 

選ぶポイントは

 

ある程度大手の個別塾

 

親も一緒に授業を受けられるところ

 

だと書きました。

 

 


その理由ですが、

 

 


理系脳の自分としては、

 

国語の読解とは、

 

論理的思考のおよそ

対極の

直観の世界ガーン

 

 

文章を読んで

作者の心理をくみ取って

総合的に

解答を導く作業です。

(これは間違っていました、、、)

 


 

だいぶ?人生経験も積んで

今なら自分でも

難解な読解が

理解できるんじゃないか?

という淡い期待が1点。

 


 

あと、

ある程度大手がいいと思ったのは、

 


大きい塾は当然 講師の数も増えます。

 

 

大人数の講師のレベルを安定させるには

教え方を体系立てて

ノウハウとして

講師に伝えているはずです。

 

 

自分も

子供と一緒に授業を聞くことで

その裏にあるノウハウを理解し

自ら個別講師として

家庭で教えればいいや

 

というのが2点目でした。

 

 


さて 

 

そんな条件で探していたことろ、

 

ちょうどいい塾が

電車で20分ほどのところに

見つかりました。

 

 

 



 

こちらもご覧ください

 

 

偏差値26からのスタート④ 我が家の2月3日

 

 

 

以下、役に立つ情報ございます

励みにもなるのでクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ