おはようございます。

 

今週は、鉄緑会の月次のテストがあるようです。

 

平均以上でいればいいや

と長男は言ってます。

 

まだ、中一ですし

内容が理解できていればいいのかなと

つい

親もそこまで発破をかけてません。

 

 

鉄緑会では、

 

中学生の間と、

高校生の1年で知識の詰め込みを

行うそうです。

(サピックス6年夏までのイメージ?)

 

 

そこから怒涛の演習に入るは、

サピックスも同じですね。

 

 

今思えばですが、

長男の中学受験も

六年生の夏以降と、

以前では親の関与の仕方も

変えた方がよかったと思います。

 

 

夏までは

本人にどれだけ詰め込ませるか。

 

 

定期的な勉強習慣と

解法の習得具合、

暗記などなど。

 

つまりは

ひたすらインプットですね。

 

それに対する

親の準備。

 

 

夏以降は、

アウトプットの技術面の

ケア。

 

複数の解法を使ったり、

暗記内容を

どう記述に活かしたり。

 

わからないなりに、

どう誤魔化すか などなど。

 

 

もちろん、

アウトプットに関する

アドバイスの方が

技術もいりますし、

なにより 問題を理解していないと

いけません。

 

 

そう考えると、

サピックスの3年間 と

鉄緑会の6年間。

 

最後のアウトプットの

演習をひたすら解き始めるのは、

鉄緑会のほうが

だいぶ早いですね。

 

 

サピックスが4教科

鉄緑会が2教科なのが

影響してるのでしょう。

 

 

とても、

大学受験に向けての

アウトプットは

助けられる自信はないので、

塾に丸投げかな?

 

 

こちらもご覧ください

 

 

偏差値26からのスタート④ 我が家の2月3日

 

1月復習テストの結果 ん?クラス落ち?

 

以下、役に立つ情報ございます

励みにもなるのでクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ