1月6日 冬休み練習会の活動日誌 | 高槻ジュニアサッカースクール 高槻fcラボーナのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

高槻ジュニアサッカースクール 高槻fcラボーナのブログ

高槻ジュニアフットサルfcラボーナの活動内容。2015年よりサッカースクールとして、活動が始まりました。戦術、動きについてはフットサルをベースにやっています。子供たち、保護者の方、コーチたちも見ていて、やっていて、楽しいサッカーを目標にやっています。

昨日はありがとうございました。

 

前半クラスは、15名参加していただきありがとうございました。。。

 

OBのゆうじろうが来てくれたので、助かりました。。。

 

コーチングやってもらったんですが、難しかったですかね、、、

 

理解のレベルが高い子、一人入れ替えよか、と言ったんですが、、、

 

どの子がどれぐらいのレベルでできてるか、判断できていない、、、

 

なかなか、全体を見るってことは、難しいと思います。。。

 

でも助かりました、ありがとう。。。

 

ゲーム内容は前回と比べて、フットサルらしかったと感じました。。。

 

やっぱりFPを4名にしたのが、よかったのか、レベルの高い子もいてましたし。。。

 

J下部の子は、やっぱりレベルが高かった、、、

 

練習の時点で違いが出ていました。。。

 

少し頭を使う内容にしたのですが、、、

 

練習理解が早いのと、意識が違います。。。

 

同じ4年生でも何が違うのか、じっくり見させて頂きました、すみません。。。

 

技術的には、らいと、そうまとそこまでの違いは感じませんでしたが、、、

 

全てのプレーに意図を感じます。。。

 

間合いの取り方がうまく、相手の嫌なところにボールを置いている、って感じですね。。。

 

また、ボールを出してはスペースに入る、常にゲームに関わる、、、

 

基本的なことを、きっちり出来ていますね。。。

 

らいとはボールの置き所、動かし方の意識はだいぶんと成長したかなと感じますが、、、

 

3秒先が見えてないって感じですかね。。。

 

ただ、ドリブルでは夢想状態でしたね。。。

 

そうまは、もぅ練習からなんですが、賢さが足りてない(学校の勉強とは別ですよ)

 

ドリブルにしてもトラップにしても、対座する相手と自分のせめぎあいだけにしか、注視できていません。。。

 

たいがも小さくて、難しいのはわかりますが、サッカーと違ってフットサルは体格勝負にはなりにくいので、、、

 

ドリブルばかりに固執することなく、頭を使って、ボールより展開を見て下さい。。。

 

やはり、上のレベルを考えているならば、技術+賢さ、どちらも必要ですね。。。

 

ほんと、技術だけが全てとの子が多すぎます。。。

 

技術だけの子は、それを上回る守備をもっている相手やチームと対座すれば、何にもできなくなりますよ。。。

 

後半クラスは、トレセンコンビを中心に、この2人は基本離れてもらいました。。。

 

かずしもそうたも、そうなんですが、

 

上手い子はボールロストが少ない、基本的なことのレベルが高い、セオリーが理解できてる、

 

闇雲にやってない、バタバタすることがない、そんなとこですね、、、

 

だいたい、かずしなんか、そんなにドリブルが凄いってわけではないんです、、、

 

そんなに早いって動きをするわけでもないし、、、

 

そんなとこ考えたら、りんたろうや、さつきや、しゅうとの方が、、、

 

ドリブルは上手いと思います。。。

 

ただ、ドリブルの選択についてはかずしが上回ります。。。

 

そのへん、ドリブルを武器にしてやる子は考えていきましょう!