GK=ゴールキーパーというポジションは特殊な技術や運動能力が必要なポジション。

そして何より「責任重大」なポジションです。


時に日本代表でもあるようにチームがキーパーや後ろのポジションであるセンターバックはチームが上手くいっていないとき、弱い時に批判の標的とされます。


実際の結果しては正しい事かもしれませんが、原因というものはその前に起こったことにある事がほとんどです。   


単純に守備が弱いから攻められる、逆に守備はそれなりにできるけど、攻撃が弱く、まだすぐに守備の時間となり守備をする時間が長くなってしまい攻められる。



そんなことってよくあるのです。



サッカーは野球のように攻守が分離されていないのです。



最近失点をキーパーの責任にしているクラブを目撃しました。残念でなりません。目の前の事しか見えないから失点=キーパー(やセンターバック)となっているのでしょう。

キーパーという特別なポジションができるプレーヤーはとても貴重な存在なんです。




ジョイフットではキーパーという責任も重く、特別な技術を必要とするポジションをやる選手を大切にしていきたいですね。

もっともっとキーパーをやる子が増えて欲しい!