無学年制を目指して

テーマ:
2019.5.9

上のカテゴリーの子3人がちょっと早く来たから対戦をお願いする、挑戦させてもらう。

ハンデ貰っても負けるけど自分達からやりたいと臨んでいるから悔いは無い!逆にやっぱり上手いなって清々しい表情!


学年の壁をとにかく排除したい。

学年縛りが必要なのは学校教育。

スポーツにはそんなもの必要ない。

上手いから上のカテゴリーにでやらせるとかそんな単純なものではない。
できなくても上に挑戦する機会を与える、あえて下でやって自信をつける。
今ジョイフットで2学年上の活動に行ったりする選手は2名。それがもっともっと増えて欲しいね!

上のカテゴリーでやるメリット
今のカテゴリーでやるメリット
下のカテゴリーでやるメリット

いろいろあるのでたくさん経験して感じて学んでほしい。




最近はU12がU13にも行ったりしています!

そこの壁も少しずつなくなっていけばもっとより良いものになるはず!

U7〜15までが縦の良い関係で繋がる!

上から下に良いものがどんどん伝わっていく!

まだまだ完全ではないですが、少しずつ形になって来ています。


少人数であるから出来ること。

これからも少人数制であることは変わりません。

人数いっぱいいて強いより、1人1人の伸びしろ、伸び率を重視します。

そして人数が多くなくてもサッカーはこれだけやれるんだという事を今までもこれからも示し続けていこう!