スポーツ  殺し屋の差


 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は23日、当地のオリンピック・スタジアムで行われ、ACミラン(イタリア)がリバプール(イングランド)を2-1で下し、4季ぶり7度目の優勝を果たした。
 2年前の決勝と同じ顔合わせの対戦は、雪辱を狙ったミランが前半終了間際、ゴール正面からのピルロのFKをインザギが体に当てて押し込み先制。後半37分にはカカのスルーパスを再びインザギがゴール左隅に流し込んだ。
 リバプールは後半の終了近くに1点を返したが、3点差を追い付いた前回のような反撃はならなかった。大会得点王はミランのカカが10ゴールで初めて獲得した。
 ミランは12月に日本で開催されるクラブ・ワールドカップに欧州代表として出場する。来年の欧州CL決勝はモスクワで行われる(ISM)

ゴール前のハンター


 今朝はチャンピオンズリーグ決勝が行われ、結果はミランが2-1で完勝でした。
 予想通りとまでは行きませんでしたが、ミランはほとんどジーダが活躍する場面が無かったように失点の場面以外は特に危なげ無かったです。 リバプールもカカやセードルフを上手く封じ、あまりチャンスを作らせなかったのですが、決定的な場面でゴール職人インザーギ相手に痛恨のマーキングミスを犯してしまい、それが結果として反映されてしまいました・・・一点目は仕方ないにしても2点目の失点は両チームの経験、そしてタレントの差が如実に出ました。

 正直な話、内容的には今一つかなと思いましたがそれでもミランのこの勝利は素晴らしいと思います・・・・バルサも来シーズンはこの舞台に立ちたい所です。




・・・・ところで為替はあまり動いてませんが、昨日ついにポンド円が241に乗せました。 テクニカル的にもファンダメンタル的にも非常に追い風が吹いているので、もう少し上昇していきそうな雰囲気ですね・・・・