バルサと為替

テーマ:
スポーツ 突破は最終節へ

 バルサが期待通りレフスキ・ソフィアに勝ち、最終節のW・ブレーメン戦に命を繋いだ。試合開始早々にジュリが先制点をあげ、試合は楽勝かに思われた。しか し、その後なかなか追加点が奪えず、レフスキ・ソフィアにゴールチャンスを与えてしまう。しかし、後半バルサは気持ちを入れ直し、65分イニエスタが待望 の追加点をあげ試合を決定付けた。

 バルサは試合開始早々の5分にペナルティーマーク付近のこぼれ球をジュリがしっかりゴールに叩き込み先 制点を奪う。その後、早すぎた先制点のせいかレフスキ・ソフィアに攻撃を許す場面が続いた。デコ、モッタ、イニエスタは中盤で相手にボールを持たせ、グ ジョンセンとジュリも引いた位置から相手にプレッシャーをかけるなど、慣れないカウンターアタック狙いの戦いになった。

 後半、バルサは前半よりボールを支配しチャンスを作り出す。まずは47分グジョンセンの シュートが惜しくも枠を外れる。追加点はすぐに取れるように思われた。ライカールト監督は先制点をあげたジュリに代えチャビを投入し早めの得点を狙う。も う一人の交代は怪我によりマルケスがオレゲールに代わる予期せぬ選手交代となった。

 65分、追加点がおとずれる。デ コがドリブルで中央を切り込み低い弾道のシュート。これはGKペトコフが一度はセーブしたが詰めていたイニエスタが押し込み0-2とした。これでバルサは 攻めの勢いを緩めたが、レフスキ・ソフィアは完敗ムード。苦しむこと無く時間は経過する。

 ライカールト監督は、リーガで得点をあげたエス ケーロをイニエスタに代え投入。最後にデコのパスから代わったエスケーロが右からシュートを放ったが惜しくもGKの好セーブに阻まれ、タイムアップ。ヨー ロッパチャンピオンのバルサが内容より結果重視でレフスキ・ソフィアを降した。最終節、バルサは決勝トーナメント進出を懸けW・ブレーメンとカンプ・ノウ で対戦する(マルカ)
イニエスタ

 いやー良かった。 ポゼッションも悪く内容的には褒められたものでは無いが、巧いこと相手のミスを付いたカンジです。 中盤はパスミスが目立ちいつものバルサではなかったけど、代わりにザンブロッタとシウビーニョの両サイドバックが果敢にオーバーラップを繰り返してチャンスを作っていました。 これでグジョンセンにもう少し決定力あれば楽勝だったが・・・・

 まあ、なんにせよあとは最終節でブレーメンを叩きのめすだけです。


その他の結果(青はグループリーグ突破)

グループA
ブレーメン 1-0 チェルシー

グループB
スパルタク・モスクワ 2-2 バイエルン
インテル・ミラノ 1-0 スポルティング

グループC
リバプール 2-0 PSV
ボルドー 3-1 ガラタサライ

グループD
シャクタール・ドネツク 1-0 ローマ
バレンシア 2-0  オリンピアコス




為替 

 昨日は為替が凄い動きをしましたね、ドル円は前にも書きましたが 116半ばまで行きました。 いつもの通り、じり高と見せかけて暴落、常に意味不明のタイミングで来るから厄介です。
 ほぼ円高でしたがユーロドルやポンドル、ドルスイスは円よりも跳ねました、一時期はドルが持ち直し気味&欧州通貨が円に対し高値だったので、反転しそうな気もしましたが、こちらも案の定。
 昨年に比べると、数々の要人発言や指標結果を見れば分かるとおり、明らかにドルの国は停滞しているし円の国は最弱ではなくなってきているようなので、クロス円は気をつけないといけません・・・昨年の12月末に暴落した例もありますから。
 



 ・・・・ドルに過剰な期待や願望を抱かなければ別に・・・・