テーマ:

高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

埼玉県大会出場決定!!

来る7月15日に高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会クラブ予選/県大会出場プレーオフ代表決定戦を行い、見事勝利致しました
!!

この結果、県大会出場決定致しました。FCティブロンジュニアユース第4期生が、新たなクラブの歴史を切り開いてくれましたキラキラ♪

 



2月から開幕した高円宮杯埼玉県クラブ予選グループリーグ1巡目を首位で終え、県大会出場プレーオフへの出場権を獲得しましたキックオフ

2月から7月までの期間、重なる公式戦を学校行事、修学旅行などでメンバーが欠ける中でも、一戦一戦大切に、一人一人が公式戦に対して真摯に向き合い、チーム全員で同じ目標を共有しながら、ゲームを通じて失敗や成功を繰り返し、トレーニングで修正して、お互いが競争しながら高められる環境を自分たちの意思と行動力で作る事が出来たことは長いリーグを勝ち抜く上で、非常に大きな要素の一つでした。



1年生、2年生の時期から徹底的に取り組んできた個人能力を高めてその集合体としてチームとして共有と協力しながら戦うということ。

 



グループリーグの公式戦を通じて、サッカーにおける勝負の厳しさ、自分自身の特徴をチームで表現する難しさ、協力すること共有することのプレーの広がりと新しい発見、ゲーム1試合を通じてのメンタリティ保ち方、球際のプレーの強さと対人での責任感、など学ぶべき事が沢山ありました
サッカーボール

 



長期間のリーグの中で、チームとしても、良い部分は満足するのではなくさらに向上させるように、進化させ、改善できる部分は、成長するチャンスであり、そこを受け入れ、取り入れて新たにトレーニングで取り組むということを個人としてもチームとしても公式戦を戦いながら積み上げる事が出来ました走る人

そして代表決定プレーオフでの戦いはまさに過酷な環境での真剣勝負でしたメラメラ

 



プレーオフではリーグとは違いトーナメントになり、負ければ終わってしまうメンタル的にも非常にプレッシャーのかかる中でのゲームになります。気温30度以上の猛暑の中、プレーのクオリティを高めながら、球際には厳しく、メンタルは冷静に保つということは本当に過酷な状況でした。

 



とにかくリードを奪われている時のメンタル、フィジカル的にも非常にタフさを求められました。その中で最後はやはり想いの強さをどれだけプレーに繋げられるのか、ワンプレーにどれだけ想いを込めてプレー出来るのか、この舞台にいるチームはどのチームもこの勝負に懸ける想いの強さが強く、ワンプレーで流れが変わる緊張感のあるゲームであり、サッカーであらゆる事を学べる最高の機会でした。

 




代表決定戦を終えてベンチに戻ってきた時の一人一人の充実感のある表情と逞しさがとても伝わってきました
キラキラ♪


この素晴らしい経験をしっかりと吸収してより進化して高められるようにまた取り組んでいきましょう走る人

そして予選を通じてご父兄及びご家族の皆様には遠方まで応援して頂いたり、普段のトレーニングから食事、洗濯など最大限のサポートして頂き感謝しております。引き続き愛情あるサポートの程、宜しくお願い致します!!

 



県大会へ向けてこの夏にはまた新たな競争が始まります。1日1日を大切に後悔のないように取り組んで精進していきましょうキックオフ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

fc-tiburonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。