バーチャルコンソールクエスト

ゆるゆるゲームブログ


テーマ:
ということで、デモンズソウルプレイ中であります。

難しい!!!

でも面白い!!!!



なんなんでしょうね、これは。
ということでまずは難しいゲームの難しい理由を考えてみた。

1.操作が難しい
ボタンを沢山使うとか、コマンドが複雑とかいろいろありますが
とにかくキャラを自在に操るのに修練が必要というパターン。
格闘ゲームなんかに多いですね。
ストⅣなんかでも技が出せなきゃ話になりませんしw

2.ルールが難しい
独自のシステム満載でちゃんと勉強しないとついていけないというパターン。
ぱっと思い浮かぶのはシミュレーション系でしょうか。
ちゃんとシステムを理解してないと敵にダメージすら与えられずフルボッコ。
しかも死んだらMAP最初からやり直しとか、死んだらレベルリセットとか
プレイヤーに苦労を強いる作りであるもの。
あと昔のゲームに多かった一触即死パターンもルールが厳しい部類でしょうね。


3.攻略が難しい
敵が強い、仕掛けが意地悪等々制作者がプレイヤーを全力で殺しに掛かってくるパターン。
格闘ゲームに於ける超反応CPUやトラップまみれ、孔明の罠ばかりのステージ構成
弾幕だらけの大運動会にノーヒントでフィールドに放り出されるプレイヤー放置プレイ等
これもまあゲームによって様々ありますが
とにかくクリアさせないために作られたとしか思えない制作者からの挑戦状w


まあこんなところでしょうか。
1から3のどれかひとつ、というわけではなくそれぞれが
密接に絡み合って難しいゲームは構成されてるような気がします。
そうそう、難しい要素として挙げた3点ですが
どれか破綻してると難しいじゃなくてクソゲーの3要素かもしれませんねw
操作がおかしい、ルールがおかしい、攻略できない、みたいなwww

さてさて、難しいと評判のデモンズソウルはどうでしょうか。
操作性ですがこれはまずまず。
攻撃&防御はLRボタンじゃなくてパッドのボタンがよかったセヨ
という意見もあるかと思いますが、その辺は置いといて全体の操作感は良好。
慣れてくると盾によるジャストインパクトで攻撃をいなして必殺の一撃とか
フットワークで後ろを取って必殺の一撃だとか
鈍器で防具ごと吹っ飛ばすとか
弓や魔法で華麗に仕留めるとか
プレイヤーのスタイルに合わせた行動が可能。
比較的容易に可能。
僕が格ゲー苦手というのもありますが
細かいコンボ繋いで超必殺技叩き込むよりも簡単に華麗なプレイが出来ますよ。
そういう意味ではストⅣよりかは易しいゲームかもしんないwww
少なくとも操作でプレイヤーを選ぶようなことはしてない気がします。

となるとデモンズソウルの難しさは2と3ですな。
まずルール。
死んだらステージ最初からルールであります。
ゲットしたアイテムは持ち越しますが消費したアイテムは還らず。
そして敵を倒したときに入手できるソウル。
本作ではアイテム購入や武器防具の修理等に使う通貨代わりとなっているソウルなんですが
死んでしまうとこれもリセット。
嗚呼、恐ろしや恐ろしいや。

そしてそんな恐ろしいシステムにも関わらず、用意された舞台は地獄であります。
1対1ならなんとかなるものの2体以上となると雑魚でも苦戦必死。
その上伏兵トラップ当たり前ときたらねえ。
こいつら俺のことどんだけ憎いんだとw
生きて出られる要素まるで無し…


とまあこんな感じのデモンズソウルなんですけれども
それでも面白いのです。
難しいのに面白い。
難しいのに面白く感じるのってなんででしょうね。
ということでこれも考えてみた。


無残にやられる
  ↓
やられた理由がはっきりしている
  ↓
対処しようと努力する
  ↓
なんとか切り抜ける
  ↓
上手くなってることが実感できる
  ↓
先に進みたくなる


この流れの中ではやられた理由がはっきりしてるってのが重要ですね。
要はプレイヤーが納得できるミスか否か、ということ。
ミスに納得、というのもおかしな言い方ですが、そうだな。
今のは俺の判断ミス、今のはちょっと無茶しすぎた、と思えるかどうか。
デモンズソウルは死んで覚えるタイプと言われてますが
慎重に進めば結構初プレイでもけっこう進めるもんです。
ダメージを食らう場面は先を急ぎすぎて不意打ち等
自ら不利な情況を招く場合が圧倒的ですね。
慎重に進めばなんとかいけますよ。
とはいえ、慎重に様子見てたら鉄球の餌食とか
火炎瓶で燃やされちゃうとかいう場合もありますけどwww
とにかく、すべては自分のとった行動の結果なのでなので割と納得
というかやられたら次はミスらないぞと思い直すことが出来ます。
難しいゲームに限らず、面白いゲームには必ず備わってる要素のような気がしますね。
エンディングまでこれの繰り返しと言ってもいいくらい。
で、難しいゲームほどこの喜びが大きいんだと思います。
大きいというか、乗り越えた先に待つ展開が刺激的というか。
そして、難しいゲームだけに喜びを味わう前だけに挫折する人も多いんだろうなあ。
難しいけど面白いと言われるゲームの多くは序盤の山がゲーム中でも一番の山場だったりします。
この過程でプレイヤーが相当鍛えられるので
後半の山場がさほど苦にならないということかもしれませんがw
なので最初の山を越えてさえくれれば…
と思うんですけど仕方ないかな。
面白さを知ってしまうと実に残念に思えるのですが仕方ないか。
カルトゲーの宿命かもしれませんなあ。


僕もまだ最初の山を越えておりませんが面白さはビンビン感じでおります。
いいですよ、この世界。
キングスフィールドのもっさーとした攻撃がここまできたかと思うと泣けてきます。
すごいぞフロムソフトフェア。
倒した死体がぼろ雑巾のように飛んでいくのはあれだけどw

もうひとつ、本作を盛り上げてる要素としてオンラインシステムがありまして
これがなかなかユニークで感心しきりなんですけどこれは後日。


以上、デモンズソウルファーストインプレッションでした。
うーん、もちょっとうまく面白さを伝えたかったんだけどなあ。
次がんばります。
僕は盗賊で攻略中であります。
でも重い騎士も気になってきたところです。
もう一体キャラ作るかね。
これ360のコントローラで遊びたいなあwww
だってあっちの方がトリガの使い勝手がいいんだもの。
ではでは(・ω・)/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

なかじマダオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。