今日は行政書士試験の合格日。

合格された方も、残念ながらの方も、そこが目的地でないことは共通だと思います。

合格された方は、開業するか、就職するか、資格を使わないか、だと思いますし、それすらも決めるのは自由です。

2008年の今日、僕はこの世界に入る権利を得て、家で何度もガッツポーズしてました。

その後で、試験勉強よりもずっと厳しく、長い学びが始まるとは知らなかったのです。

今日は今年初の行政書士の学校の実務セミナーで補助金業務についてお話ししてきました。




売り物である実務能力は、常に追求し続けなくてはなりません。いつまでも合格というのはありません。

僕たちの世界はそういう世界です。

合格された方、本当におめでとうございます。
多くの時間を費やし、自分と戦い、不安、焦り、苦しみの中でやり抜いてきたことは素晴らしい。

でも、
合格してからがスタートです。




受験勉強よりおそらくきつく、でも、やりがいのある道がその先にはあります。

僕は行政書士という仕事に巡り合って人生の針が動き始めました。未来が拓けました。人生を変えることができました。

みんなが開業すべきとも思いません。就職も少ない業界です。ビジネスモデルも脆弱で、組織化してる事務所はほとんどなく、売上規模や市場は小さな業界です。

でも、
僕はこの仕事に誇りを持ってるし、未来を感じてます。

ようこそこの世界へ。
共に行政書士としてこの社会を良くしていきましょう!