新年の抱負2019 | 環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

産業廃棄物 収集運搬業 許可申請、古物商、建設業などの許認可、一般社団法人、NPO法人株式会社、合同会社の設立、起業支援中心の銀座の行政書士です。フットサル、サッカー、ビール好きな行政書士です。環境ビジネス支援 行政書士の学校


テーマ:
新年あけましておめでとうございます。


今年も家族で栃木の実家に集まり
元旦を迎えられたことをまずは感謝したいと思います。




昔は元旦に何もない実家に帰省するのが
正直寒いし嫌なところもありました。


が、
今はとても大切なイベントです。


自分は家族あってのことだと
年を重ねるにつれ感じることができてるのだと思います。


というのも、
新たな一年への抱負を考えていても
ここがベースになってると感じるからです。


僕が目指すもの、
それは家族や、家族だと思ってる事務所のみんなを守り支える力を身につけるということ。


そのためには変わる力を身に付けたいと思います。


専門性の更新をしつつ、
事業領域を拡大し、
自分が身を置く場所を再構築し
未来をデザインしていきます。


同じ場所にいると淀むと言いますが、
むしろ多面展開できること、
返信し続ける力こそが今後必要になると確信しています。


だからこそこれまで以上に
開拓し、標準化し、任せ、また開拓する
この流れを深く早くしていきます。


そして今年は結婚10年目。
仕事とプライベートで分けてきませんでしたが
それができるのも家族の理解あってのこと。




プライベートにおいても
経験したことないこと
行ったことないところ
どんどん挑んでいきます。


そして三歳の息子のために引っ越しします。


昨年は人生史上一番
目まぐるしく動き、
挑んだ一年となりました。


直感を信じ、
叶えたい未来と向き合った一年でした。


今年はそれを深掘りしつつ
蒔いた種を育てつつ
新たな種を蒔き続けます。


僕の強みを活かせるやり方を
思いっきりやりきる一年にします。


どうぞ今年も一年
よろしくお願いいたします。

環境系行政書士 石下貴大さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント