働きすぎ?今自分が思うこと | 環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

産業廃棄物 収集運搬業 許可申請、古物商、建設業などの許認可、一般社団法人、NPO法人株式会社、合同会社の設立、起業支援中心の銀座の行政書士です。フットサル、サッカー、ビール好きな行政書士です。環境ビジネス支援 行政書士の学校


テーマ:
今日は雑感です。

結局ブログの毎日更新を辞めるって言っているのに
辞められていない・・

習慣って恐ろしいものですね笑


最近、というかたまに
働き過ぎでないかとか
体気をつけてねって言っていただくことが増えました。

確かに
土日も家にいないことのほうが多いし、
平日もほとんど家でごはんを食べることも少ない、
それは事実です。


そりゃ大好きな家族と過ごしたい。
それはつらい気持ちはあります。


でも、
それ以上に
今の自分は幸せなんです。


10年前
僕はフリーターでした。


頑張っていい場所があれば
俺は頑張れる。


居場所がなくて
自分の挑戦する場所がなくて
それが本当に辛かった。


僕が存在するということ
存在していいとうこと
その意義を失いかけていました。


社会に存在している
俺はここにいる


みじめで、
辛くて、
何度も人生終わったって思っていました。


でも
始まっていなかっただけでした。


行政書士という仕事に出会い
僕は様に生きる実感を得ました。


存在していると思えました。


ありがたいことに
この仕事を通し
沢山の大事な人たちに出会え
自分の可能性を信じることができました。


一緒に仕事をしてくれる仲間
特に僕なんかよりすごく優秀な副代表
支えてくれる家族
整理整頓が苦手で、思いつきでどんどん動いちゃって
それでもサポートしてくれるスタッフ
お仕事を依頼してくださるお客様
仕事を紹介してくださる方々
僕に関わってくれる皆様がいてくださる。


僕の原動力は何かと言われれば
こうした皆様の存在としか言えません。


僕に頑張る場所を与えてくれました。
それが過去でなく未来を考える事に繋がりました。


僕にできることは
できることを熱量持って積み重ねていくことだけ。


下手くそだし、
効率も悪い。


それでもその熱源を導いてくれる人がいる
それを必要にしてくれる人がいる

それだけで力が出るし
楽しくて幸せなんです。


強がりでも何でもなく
気分に波だってますし、
自分の凡庸さに嫌気がすることもしょっちゅうですが
叶えたいことが多すぎて
やりたいことがありすぎて
立ち止まっていられないんです。


そんな毎日を過ごせることが
とても幸せで
とてもありがたいのです。


働くとは
傍を楽にする
から来ているといいます。


僕は自分のことだけでは
こんなに頑張ろうと思えない怠惰な人間です。


必要としてくれる人がいて、
自分が誰かの役に立っている
そう思えることが何より自分の存在意義を感じられる。

だから起業家支援が好きで
行政書士の学校もやっていられるのかもしれません。

僕は自分の生きる道を見つけられたのだとおもいます。
幸せな人間です。


だからこそ
それをやり遂げたいと思うのです。












環境系行政書士 石下貴大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント