行政書士の大先輩に学ぶ | 環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

産業廃棄物 収集運搬業 許可申請、古物商、建設業などの許認可、一般社団法人、NPO法人株式会社、合同会社の設立、起業支援中心の銀座の行政書士です。フットサル、サッカー、ビール好きな行政書士です。環境ビジネス支援 行政書士の学校

今日はありがたいことに
行政書士としても、
行政書士法人としても
大先輩にご来所いただきました。


広島からの遠征、
本当にありがたいことです。


1時間半くらいお話しさせていただきましたが、
本当に数十分くらいに感じるくらい、
超絶に濃厚な時間でした。


改めて思ったこと、
やっぱり先輩はすごいなあと。


行政書士の仕事って、
新規を追う方が当たり前のビジネスモデル。


単価は年々さがり
ウェブ集客への移行から
クラウドまで動きも早い。


人が入りにくいから
人事評価制度もちゃんとしてない、
業務やお客様の管理もできていない、
数字が追えないから
ちゃんとした改善点も見えず
そのためのタスクも実行できない。


それこそが
僕の思う行政書士の弱いところ


それを存分に共有できただけでなく
その上でどうしていけるのか?


本当にかなり濃いお話しをさへていただきました。


行政書士法人とか雇用がえらいとか
そういう小さいことでなく、
事務所としてどうなりたいのか、
ものすごく示唆に富むお話しを聞かせていただきました。
 

個人の時と法人と、
悩みって全く違う。


だからこそ
先輩の話を聞く。
その上で変化、進化していく。


まだまだこの行政書士という仕事、
本当に広がる仕事だと思いました。


この仕事、
改めて極めたい、やり切りたい、
そんな気持ちでいっぱいです!