Running On The Winding Road | shirablog

shirablog

感じたことを忘れてしまわぬようにと、日々感じたことややったことの日記をつけています。

すべてはいい笑顔のために。


テーマ:
さてさて、8月も終わりに近づき、福岡の夏の仕事絡みの方にはご連絡させていただいていますが、一身上の都合というか、本人のたっての希望により現職を8/31付で退職することとなりました。
大学院卒業後の9年間という長い期間お世話になった会社を円満に卒業です。
日韓ワールドカップの頃でしたので、もうはるか昔のことです。

明日のことはわからないし、来年のことを言うと鬼が笑うのであくまで現在考えていることと、これまでのちょっとした振り返りを書きます。

■振り返り

入社して3ヵ月間はキャスティングという学生の登録スタッフにアルバイトを紹介する業務についていました。エクセルをリンクさせまくった超便利なスケジュール管理システムをパソコンに詳しかった同僚と二人で完成させるも、ルールを周りが覚えきれず運用失敗。
システムありきでなく、実際に使う人のこと考えなきゃね、と学びました。

その後営業アシスタントを半年くらい。
かわいいのに男前な女性の先輩と、おおらかで勢いのある男性の先輩からたくさん学びました。mixiやtwitterのユーザー名にしている「shiradog」ってのは、いろいろなことによく違うんじゃないすか?と食いつく→犬みたいにキャンキャン吠える→白犬がワンワン言ってる、という女性の先輩によるあだなから来ています、ちなみに。

関門海峡の花火を配布物にあふれた車から観たのがよい思い出です。
その時に、アルバイトを断ってデートしている現場を目撃されたスタッフがいて、そのスタッフが今の仕事の後任となるのですから、縁というのは不思議なものです。

そして企画制作部門へ。
プチ騒動で人材がいなかったので、いきなり社内初の大型案件を担当。
パートナーであり、経験を補ってくれるはずの営業がミスをたくさん残した上で、実質逃亡するというハチクロの森田さながらの無茶ぶりを喰らって数えきれないくらい徹夜しました。

信用できなさそうな人は信用してはいけない。
自分の身は自分で守りましょう。
そういう人はいつまでも変わりません。

究極の反目教師としてたくさん勉強できたのはよかったです。

そんな人たちの中でも、見て見ぬふりをしない人たちもいた、というのも学べた大きなことです。
彼ら、彼女らの協力があるからこそ今があると思います。

また、学生の時のガチンコディスカッションや毎晩吐きそうになるくらいのストレスを思い出せば、大半のことは乗り越えられると感じた瞬間でもありました。

それからは営業+企画制作を一通りしてました。
多くの打ち合わせ、プレゼン、現場に関わりながら、今やっていることこそが最大の営業であると思い、目の前のことを自分事として責任を持って力を尽くし、自分のベストを出しながら取り組みました。たしか、取り組んでいたはずです。うん。
このあたりからは社内で学ぶことよりも、お客様やプロジェクトを進める他の会社の方から学ぶことが圧倒的に多かったです。井の中の蛙ながらも、大海でかろうじて泳ぎながら進めていた気がします。


■現在考えていること

たくさんの方に迷惑をかけたり、協力してもらったりといろいろなことがありました。
それらすべてが、血となり、肉となり、現在につながっていると思います。「おめでとう」との言葉やお祝いのお声掛けなどなど関わったみなさまからの言葉には「ありがとうございます」としか言えません。
仕事上でつながった皆さんの大半とは新しいフィールドでもお世話になると思います。
より広範で、よりワクワクするプロジェクトで関われることを期待しています。
関わってて良かったなと思ってもらえるように、取り組んでいきます。

さっそく、9/5より社会人2nd Stage。
ここからが本番。
がっかりされないように、ビリビリすることにたくさん触れて、しこたま楽しんでやっていきます。


Yoichiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス