1月5日(イッテンゴ??)の新日本プロレス東京ドーム大会

山田恵一選手が ”リバプールの風”になって、31年

遂に引退の”怒りの獣神”

本当にお疲れ様でした拍手拍手

デビュー戦の1989.4.24「格闘衛星✩闘強童夢」の数日前、

銀座にあった金太郎??(うろ覚え)という玩具屋で、お披露目会がありました。

当時、小生、アパレル会社で銀座三越を担当しており、仕事を抜け出して会場へ・・・

リングネームは、まだ獣神ライガー!!

そこで見た山田選手の姿は、こんなでしたあせるあせる

身長は間違いなく小生より小さいのですが、小生の倍以上あった胸板の厚さに唯唯驚愕びっくりびっくりびっくり

勿論、小生もこの東京ドーム初のプロレス興行を生観戦\(^o^)/

ライガーは、小林邦昭に勝利クラッカークラッカー

その他の試合・・・

アントニオ猪木が、ショータ・チョチョシビリの裏投げの連発にKO負け汗汗

小生の友人でもあるキックボクシングの飛鳥信也(目黒ジム)が、あのベニー・ユキーデと戦ったのもこの興行でした!!

閑話休題。

 

その後、獣神サンダーライガーと改名。

ジュニアヘビー級に拘らず、ヘビー級選手にも挑戦していきます。

1994年の橋本真也戦、上半身裸に対ヘビー級戦闘仕様のマスクグッ

ビルドアップした身体は、とてもジュニアヘビー級とは思えない程叫び

小生もTシャツを購入。

遠征 モトイッ 出張時の画像です(笑)

いつも申しております”昭和は遠くなりにけり”ではなく、

”平成元年も遠くなりにけり”の国際紅流拳法道連盟なのであります。