12月6日、「原点回帰プロレス第5弾」

~世界マスクマン・トーナメント決勝戦~(於:後楽園ホール)に行ってきました。

ダブルメインイベント第1試合が、そのトーナメントの決勝戦。

ブラック・タイガーJr.  vs  ドス・カラスJr.

Jr.同士の対決ですが・・・・

前者は、ブラック・タイガーの息子ではなく

下記ブログで当方指摘の通り、正体は、ヒクソン・グレーシーと戦った船木誠勝選手あせるあせる

https://ameblo.jp/fc-eternal-budo/entry-12406547855.html?frm=theme

今回は、既に正体を発表済みとの事。

 

最後は、自らがヒクソン・グレーシーに絞め落とされたスリーパーホールドで決着クラッカークラッカー

病気療養中の初代タイガーマスク佐山サトル氏より、黄金のマスクが渡されました拍手

でも、一寸待って!!

 

ドス・カラスJr.は、何故か、この日準決勝も戦ったので、二試合目あせるあせる

そりゃ、不公平ちゅうもんでしょむかっむかっ

準決勝の相手も、ブラック・タイガーの息子 イホ・デ・ブラック・タイガーちゅうのもなんだかなぁ~びっくり

もし、ドス・カラスJr.が負けていたら、名前だけはブラック・タイガーの息子同士の決勝戦になっていたかも~叫び叫び

 

なんて、プロレスを真剣に考える国際紅流拳法道連盟だったりして・・・