さてさて、翌日午前中はお仕事です お仕事だからこそ、朝食をしっかり食べることは大事です 朝食は一日の活動のエネルギー源ですから(言い訳か

てなことで、名古屋には数回行かせていただいているものの、未食だった名古屋モーニングを体験して参りました~ と、ご報告したかったのですが…誘惑に負けて餡トーストになりました 最初からそのつもりだった、とも言えるんですけどね

目的地はメイチカ、つまり名古屋駅の地下街にある「コンパル」さん以前サンドイッチの講座を企画した時に日本全国ご当地サンドみたいなのを調べまして(コアな話だ )その時に出てきたのがこちらの海老フライ(海老フリャー?)サンドだったので気になっていたのです。

朝イチから誰かに付き合ってもらえるわけでもなし、名古屋は土地勘もないですから~駅に繋がっているという安心感もあったんですよね が…ないっ 辿り着けない~

こんな時は誰かに聞くに限る

近くの薬局に突撃し、
私「あの~、コンパルっていう喫茶店はどちらでしょう」
薬局のおねーさま「あぁ、コンパルさんは大通りじゃなくて一本裏の通り」

う、裏?裏って??よく見ると、私が通ってきた「大通り」と並行してもう1筋通りがあるじゃないですか

ありました~、良かった あまり迷うようなら時間もあるので諦めかと思っていたところだったので、おねーさまに感謝

これこれ、この「エビフライサンド」ですよ。懐かしいなぁ…って、食べたことはないんだけど フライが3本も挟まっている豪華版、名古屋ならではの一品だとご紹介したような、そうでないような。

さすが名古屋!「モーニング」があるんですね、ここにも。ハムエッグのホットサンドがコーヒー代+130円だというモーニングのメニュー表がテーブルには置かれておりました。

お隣の席の女性お二人はどちらもその「モーニング」、むむ…どうしよう餡トースト暫し悩んだモノの初志貫徹餡トーストとコーヒーにいたしましたとさ。

まずはコーヒー う~ん、アロマティック 名古屋のコーヒーはとっても薫り高い…これは大府と大西のコメダでも感じたのですが、喫茶店文化が発達していただけあってどこのコーヒーもハイレベル。だと思うのは私だけではないですよねぇ…。深くてまろ味があると言うか、なんと言うか、こだわりもあるみたいですが、蘊蓄うんぬんよりもただ単純に飲んでうまい

そして、すごい合理的 お隣のおじさまがアイスコーヒーのモーニングだったのですが、ちょっと小さめのカップに注がれた濃いめのホットコーヒーと氷入りのグラスが出るのです なるほど~、これならシロップを置かずに済むよね などと感心してしまった私でした。

と、キョロキョロしているところへ餡トーストがやってきました 憧れの、餡トースト

でも…正直もっとトーストは厚いと思っていました

ま、その辺は置いておいて…早速いただきまぁす

餡子は、とろ~りとした緩めの炊き加減。若干甘い多分単品で頼んでいたら、私には完食出来なかっただろうなという甘さでした

が、程良く苦いコーヒーと一緒だと…ナイス なるほど、初めからブラックとペアな食べモノなのね~などと納得させられておりました。

コーヒーは、エビフライサンドと並ぶこのお店のウリ、こだわり商品です。

トースト薄いなどと文句を言っていたくらいですから、当然完食。食べている間にも続々とモーニングを楽しみにお客さんが訪れていて、相席状態だったのでそそくさと席を立ちました。この相席もいまの東京にはない文化だわ~

去り際に、表のテイクアウトコーナーのコーヒーに目がいきましたが…なにぶん荷物が またの機会に~(いつ

脳に送り込むべきブドウ糖の素である炭水化物はがっちり摂取、いざお仕事へ ご馳走様でした~
AD

コメント(6)