安達史郎弁護士が法テラスを残業代未払で提訴 | 福岡若手弁護士のblog

福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 清きワンクリックを

安達史郎弁護士が法テラス八戸

事務所に常勤しながら、雇用主の

日本司法支援センターを訴えた

http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/04/24/new1204240803.htm

前所長時代の分のみということは

所長でなくなった今は、残業代は

きっちり支払ってもらってるという

ことなんでしょうかベル

http://www13.plala.or.jp/S-Kawamura/roudo/kanrikantokusha.html

「名ばかり管理職」という言葉は

東京地裁2008/1/28マクドナルド

判決を契機に一般にも普及

しはじめた。未払い残業代の

支払対象とならない管理監督者は

いかなる存在であるかについては

厚労省の通達も出ており、裁判所も

ほぼ同じ考え方を示している。

 具体的な要素は次のとおりサラリーマン

・重要な職務と権限が付与されて

いるか(経営者との一体性、例えば

人事考課や業務指示など労務管理

権限の有無)

・自らが出退勤について管理を

受けない自由な存在だったか

・賃金面でその地位にふさわしい

待遇がなされているか

 法テラスに任期付で雇用されて

いる人物に上記の要素があるかと

いえば、まあ皆無でしょう。

一般企業の正社員よりも地位保証が

ランクダウンしていることは明白晴れ

2011/4/15記事で法テラスの非常勤

職員が法テラスを訴えたことを

とりあげたが、その裁判よりも

今回の方が明らかに法テラスが

支払を拒絶する理由には分が

ないように見えるのは上記のとおり。

「外よりも内側照らせ法テラス」

 こういう問題では弁護士は連携が

得意なのだし、どの地方事務所も

大なり小なり同じ問題を抱えている

はずだから(その意味で全国的に

統一した組織といえる)、それこそ

安達弁護士のみを矢面に立たせず

法テラス外にいる弁護士が受任して

法テラスから残業代をキッチリ

支払ってもらうようキバリーヤgo!

まさに取りはぐれのない未払残業代

特需といえるでしょう、仕事が欲しい

若手弁護士は原告候補を探し

まくるとよい、町や図書館に弁護士を

置くよりよほど正義を実現できるぞい

ろぼっと軽ジK

fbenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス