福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  相変わらずブン屋は表層的

弁護士の激増にもかかわらず

本人訴訟の割合が増加して

いる新聞記事が掲載された

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110112-OYT1T00938.htm

>国民が気軽に弁護士に依頼

>できるようにするという司法

>制度改革の理念とは逆行する

>事態で、最高裁の司法研修所は

>本人訴訟を巡る初の調査に乗り出す。

 お役所がどこまで実態を捉えた

報告をしてくれるか疑問大である。

むしろ市井の弁護士の報告の

方がよほど実感とフィットする

http://hanamizukilaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-bb3c.html

http://nomura.asablo.jp/blog/2011/01/12/5634857

相変わらず「こん日」著者の

小林正啓弁護士の統計を

読み込むセンスは素晴らしい。

それに比べて増員マンセーの

四宮啓教授のコメントは分析

不十分だよね。その論旨は、

都会に比べて過疎地方に

圧倒的に本人訴訟が多い

ことが裏づけられて初めて

成り立つ話なのだが、

さてさて最高裁の調査結果は

どうなっているだろうか

 私は本人訴訟の登場人物に

対して「お金がなくて弁護士を

つけられない、救済すべき

存在」と、もっとも本人訴訟に

接するイチ裁判官がどのように

捉えているかが示されている

瀬木比呂志裁判官の判タ

1202号80頁論文の文章を抜粋

して、四宮啓教授への反論に

替えることにします。

ーーーーーーーーーーーーー

例えば、東京などの大都市圏に

おける本人訴訟の本人には、

ただ弁護士に依頼する資力が

なかった、あるいはその必要も

認めなかったというだけのごく

普通の市民も相当の割合で

含まれているけれども、中には

極めて理解力や柔軟性に

乏しかったり精神的に不安定で

あったりする人々も含まれて

いるし、まれには何かあれば

裁判官や相手方の足をすくって

やろうと待ち構えている人々、

さらにまれではあるが非常に

極端な場合には、法廷や準備

手続室で大声を出してわめき

続けたり相手を脅したりする者、

逆に押し黙って一言もクチを

きこうとしない者、裁判官室に

無理やり押し入ろうとする者、

訴状や準備書面に裁判官に

対する脅迫的文言を書き付ける

者さえ存在する。残念ながら

それが訴訟のリアルな現実で

ある。(以上、引用終わり)。

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。