福岡若手弁護士のblog

福岡県弁護士会HP委員会所属の弁護士4名によるBLOG
(ただしうち1名が圧倒的に多いですが、だんだん若手じゃなくなってるし)


テーマ:

たこつぼの話題ですが、押してください

人気blogランキング お茶


一般の方には関係の薄い話題ですが、会務問題は

弁護士会にとって、もはや取り組みが遅きに失した

感もある、将来に絡む大問題の1つです。

http://shihoushoshi.main.jp/blog/archives/001298.html

弁護士業界のみの問題かと誤解していましたが、

司法書士業界にも同様の問題があることを初めて

知りました。不勉強でした(・・。)ゞ

弁護士会ではまだみなし納付制度は導入されて

いませんが、多重会務者も多重会務に従事して

いない人も、実は両側から待望されている制度で

あろうと勝手に推察しています。

ただ、年間12時間と、年間6万円の釣り合いをうまく

とれないと(つまり時間当たり単価の設定に失敗

すると)、「お金を納付すれば実働するより楽!」と

実際の働き手が一気に激減するおそれが高い。

しかも一度設定してしまうと、簡単に値上げは

できないので、激減する会員を尻目に後の祭りと

なってしまいかねない。

司法書士会では、いかなる協議を経て「12時間

OR6万円(年間)」という設定にこぎつけたのか

大変興味があるが、ただ弁護士会で導入する

のであれば「年間12時間OR60万円」くらいの

ハードルにしないと、会務従事者の激減を

招くだけの制度になりかねないように感じる。

もっとも会務1時間あたり5万円の単価に

見合うか否かといえば全く別問題で、むしろ

制裁的慰謝料の発想から持ち出した値段で

あることを関係各位はご理解願いたい。

ろぼっと軽ジK

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はパソコン2台買いました。最新型は

安いのにパワーもすごいですねえテレビ

人気blogランキング ←ポチッお茶



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060513-00000122-kyodo-soci

警察内のルールである犯罪捜査規範には(法律

ではない)、その63条1項に「司法警察員たる

警察官は、告訴、告発または自首をする者が

あつたときは、管轄区域内の事件であるかどうかを

問わず、この節に定めるところにより、これを受理

しなければならない。」と定めてあります。

つまり、告訴受理義務があるはずなのですビックリマーク

が、実際に告訴に赴くと対応がきわめーて鈍い。

弁護士が証拠を吟味して持参しても、結局、

コピーだけ置かされて追い返されちゃいます。

日弁連のアンケート報告は↓

http://www.nichibenren.or.jp/ja/committee/list/data/kokuso_report.pdf

50頁に及ぶのであっさりまとめてみました。

罪名は予想とおり、横領・詐欺がトップです。

出資法違反はヤミ金がらみであろうか。
不受理の理由のトップ3は「立件困難」「証拠

不十分」「多忙」と、よく聞く組み合わせ。

とはいえ、弁護士が受けた印象のトップ1が

「やる気がない」だったことがなんともはや。

起訴不起訴に関する検察審査会と同様、

告訴不受理に関する審査会の設置が提案

されていたが、わたくしもまさに同感です。

税金を使って生きている人たちは、案外、

国民に食べさせてもらっていることを忘れ

がちで、組織内の方向しか目を配ることを

しないので、民間の監視は必要だと思う

 ( ̄∩ ̄#

ろぼっと軽ジK



AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネタがたまってますが、なかなか書く時間が

とれません。ゴメンナサイね
人気blogランキング ←ポチッお茶


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060517-00000231-kyodo-ent

http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20060519-00000216-bark-ent

ろぼは小学校3年以来だからかれこれ30年弱の

ビートルズファンである。たしか以前にもジョージの

追悼記事を書いたような記憶があるような。

たしかにポールはビートルズきっての蓄財家では

あるけれど、死ぬまで添い遂げればもっとお金が

入るわけだし、「ポールの妻(現役の)」という地位

なら、それこそ世界中の社交界でVIP待遇を

受けることができるわけだし(実際ポールは貴族の

勲章をもらっているし)、やっぱり離婚は

パパラッチのせいだと思うよ。

プライベートが常に脅かされる生活を昔から

続けていたポールならともかく、普通の神経では

自由のない生活なんて耐えられないんじゃ?

それにしても、別れても妻を庇うポールは

イギリス紳士だねえ、男の中の漢(オトコ)だよ

ろぼっと軽ジK




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

えらく乱暴なタイトルだが、毎日毎日

英語でスパムなコメントが並べられて

それを削除する作業で立腹している。

英語で抗議できないのが悔しい(`Δ´)

仕方ないのでタイトルで抗議した(`ε´)

f♪ゞk  U!!!プンプン


ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

前世はヤギ(女児殺害事件の被告人じゃないよ)なのか。


http://www.asahi.com/national/update/0516/OSK200605150081.html


なんとか速度違反を免れようと、速度記録紙をムシャムシャと食べてしまったが、その場で公文書毀棄罪で現行犯逮捕されて、罪名が増えてしまって逮捕されたというマヌケなお話。しかも、スピード違反より罪が重い。記事を読む限り、後悔の方向性も間違っていそうで、こういう人の弁護人になったら情状弁護の時に辛そうだ。


しかし、その前に、腹は大丈夫だったのかが気になるところである。


まあ、交通取り締まりに引っかかってしまって、イライラしてしまったのだろうが、下手なあがきは逆効果である。運悪いよな~くらいの気持ちだったのであろう。気持ちは分からないでもないが。


じゃあ、上手なあがきがあるのか、といわれると困ってしまうが、悪いことをしてしまったことが明らかであれば、素直に謝って反省した方がよさそうだ。


M弁護士

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

景気のいい話である。


http://news.braina.com/2006/0515/enter_20060515_001____.html


松下電器産業が、2007年度にも保有特許数10万件を超え、世界でもトップクラスの特許保有数になるようだ。


先日来、特許権からみの記事をいくつか投稿してきたが、私は知的財産権の保護に消極的な訳ではない。


私が、疑問に思っているのは、特許権保護法制が、前近代的で柔軟性に欠ける法制になってしまっているのではないかということである。最終的には、立法によって解決されるべき問題であるが、ebay訴訟などでは解釈論としても、裁判所はもうちょっと突っ込んでもいいんじゃないか、ということが言いたかった訳である。


どういうことかというと、特許権についていえば、誤解をおそれずにいえば、例えば、電話の特許については、グラハム・ベルが特許権を保有する、というような近代的な事例ではそう問題は大きくない。1つの製品に1つの特許のような形で、特許権の絶対的な保護が及んでもムチャクチャな問題は生じない。


ところが、現在では、携帯電話一つとっても、関連特許は数百を超えるというような時代である。技術の進歩により、基礎技術の関連分野というのは相当に広範囲にわたるような事態になっておる。


そのような中で、極めて基礎的な技術についての特許にて、超先端技術製品について特許権を侵害するサブマリン特許の問題や、パテントトロールの問題が生じておる。


パテントトロール(テロル?)の問題は聞き慣れないかもしれないが、欧米(もしかしたら日本もかも)では、パテントポートフォリオの管理のみを目的とする会社も多数存在し、あくどいところになると、現在出回っているプログラムの中で、パテントを取得していないプロトコルを見つけ出して、自分たちで特許を取得するようなところもあるようだ。技術者の間では、誰もが知っている当然のプロトコルについても、特許審査官が特許を認めてしまうということも多々あるようで、当然後に新規性等の問題で争うことができるにしても(だから特許権侵害訴訟において、特許の有効性の審判が問題になることが多々ある)、まがりなりにも特許登録されてしまっておる場合には、大変な事態になってしまう。そして、関連技術というのは極めて広範囲に渡るので、開発時点で、パテント関係の確認を少しでも怠ってしまうと、多額の損害賠償のみではなく、製品の製造、販売が差し止められてしまい、とんでもない事態になるのである。困ったものである。


ebay訴訟の弁護人は、そういうところを問題提起したが、どうもアメリカの最高裁は、聞く耳を持たないようだ。


私は、こういう状況の中で、知的所有権の保護についても、現代的な保護を考えていかなければならないのではないか、と考えておるが、立法で解決されない限り、しばらくはこの状況が続くと思われる。そりゃそうだわな。アメリカなんかでは知的財産権の保護はある意味国策でもあるわけで、他国からの収益を収奪できなくなる可能性がある方向での改正とか、解釈の確立とかには大きな期待を寄せることはできない。で、アメリカでそうなら、日本の裁判所、国会も独自に知的所有権保護の現代化等という方向に議論が進むはずもない。ヤダね。


そんな現状では、開発者、メーカーとしては、自らが特許権者になる、という方向性を立てざるを得ないであろう。松下電器産業の方向性は正しい。


そんで、日本企業やアジア企業、南米、アフリカの企業などが、自社特許を侵害された、と主張して、ガンガンアメリカ企業をいじめる時代がくれば、アメリカの特許保護政策も変容していくであろう。


いや、ことがそんなに単純な問題ではないのは分かっておるが、気持ち的には、ガンバレ、非欧米諸国なのである。


M弁護士

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

教科書貸与制移行に異議アリ!

の人も構わない人もポチッ
人気blogランキングお茶


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060508i401.htm

憲法26条2項後段に「義務教育は、これを無償と

する」と定められています。

無償の範囲については、授業料の無償を意味し、

教科書・学用品その他教育に必要な一切の費用

まで無償にしなければならないと定めたものでは

ないと判断されています(昭和39年2月26日

最高裁判決)。教育基本法4条2項では授業料の

不徴収を明言しています。

他方、現在、教科書については、「義務教育

諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」

により、無償供与が継続していますが、この度の

議論は財政改革の一環としてこの法律を改悪

しようというものです。少なくとも改善ではない。

たしかに、教科書をただでプレゼントしても

結構な数の人間が落書をするはずです。

第10位:額に「肉」マーク
第 9位:顔にしわ
第 8位:第三者の介入
第 7位:ほほにうずまき
第 6位:鼻血
第 5位:まゆ毛をかえる
第 4位:髪型をかえる
第 3位:めがね・サングラス
第 2位:ひげ
第 1位:ふきだしをつける
  ランキング外より
第75位:矢を刺す
第30位:動物にする
第25位:うんちアクセント

無償供与にこだわる必要はなく、無償貸与でも

十分では思いますが、教科書は結構なくしたり、

苛めの中で捨てられたりすることもあります。

特に後者の子どもを持つ家庭にとって、教科書

貸与制への移行は、小さくない問題を生み出す

のではないでしょうか。たかだか395億円を

削減しても大した効果はなかろうに。

世の中には経済効果のみでは測れないものが

必ずあります。「愛だってお金で買える」と

言った人は、検察捜査や起訴を免れる地位は

お金でも買うことができなかったように。

今後の議論の流れを全国民、注視すべきです。

ろぼっと軽ジK




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひさびさの投稿、押してね

人気blogランキング お茶


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060511k0000m040033000c.html

銀行員が高給なのは人のお金を預かる

仕事だからという俗説がある。

お金の誘惑に負けないよう、捨てるのが

勿体無い地位(≒給与)を付与しておこうと

いう考え方のようだ指輪

弁護士も人のお金を預かる機会が多く、

ろぼ自身、現金で800万円を手渡しで

預かったこともある。さすがに1枚1枚

数えて、預かった後は銀行口座に

無事入れるまでビクビクであったガーン

加藤広志元弁護士の横領の動機は

「利殖目的の運用と事務所経費」と

いうもので、いわゆる酒や女では

ない。弁護士業務で儲からなければ

株で利殖しようという者も増えるで

あろうし、弁護士増員により事務所

経費に困窮する者も増えるのだ。

かつては横領弁護士なぞ一生に一度

遭えるか遭えないかの存在だった。

しかし、近い将来、世間に数多いる普通の

弁護士と加藤広志元弁護士との間には

ほんの薄紙1枚程度しか差がなくなって

くるであろう。珍しくなくなれば、ニュース

にすら載らなくなるかもしれない。

どんな弁護士なら大丈夫かって?

ろぼはまず大丈夫という自信はあるが

自分で言うのは面映いので、誰か

フォローしてくれいキラキラ

ろぼっと軽ジK



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

1 やんばる調査  

日弁連人権大会実行委員の一員として,4月22日から25日まで,沖縄県のやんばる地方(沖縄本島北部)を調査しました。

2 アセス逃れの林道開発  

林道事業については,幅員4メートル以上,長さ2キロメートル以上の場合に環境影響評価(環境アセス)の対象となります。やんばるの熱帯雨林における沖縄県の林業事業については,工事完成後に長さ10~数十キロ以上に及ぶ林道を,2キロ以内毎に細切れにし,その細切れにした事業をそれぞれ独立した事業として申請する結果,アセスの対象となるのを免れるという脱法行為が行われています。しかし,実際に林道を走ってみると明らかですが,独立した別個の事業として申請された林道が,実際には一本の道であるのは間違いない事実です。というより,別々の事業であることを見つけ出す方が難しいです。その結果,やんばるでは,アセスを経ることなく,森を切り崩し,ジャングルの中にアスファルト舗装の立派な道路をどんどん作っています。もちろん,林道を利用する人はほとんどありません(私たちが半日かけて林道を調査した時も,他の車に出会うことはほとんどありませんでした)。また,木を切り倒して山の地肌をむき出しにし,場所によってはほぼ垂直に近い角度で,斜面を削りだすという無理な工事を強行した結果,法面(のりめん)の崩落や赤土の流失に歯止めがかからず,頻繁に林道の崩落が起きており,道路を遮断する事故が続いています。

3 伐採事業  

やんばるの森で行われている林業の基本は,今,生えている樹木を全て伐採し(皆伐),あらたに人間の手で植林をするというものです。でも皆伐したところで,それほどの需要が見込めるわけではありませんこの結果,皆伐した地域の生態系は破壊され,生態系の分断を招くことから,周囲の生態系にも影響を与えます。また,皆伐した個所は赤土がむき出しになるため,雨が降れば大量の赤土が流出するため付近の生態系に影響を与えるだけでなく,下流域の生態系を破壊し,沿岸海域の水質を汚染し,さんご礁を死滅させます。 現地の声は,自然を保護しても,自分たちの生活は誰が守ってくれるのだというものです。確かにその声は切実です。でも,豊かな森があるから,洪水などの水害の発生を抑止できるし,豊かな林,豊富な水資源,豊富な農産物を育むのです。それに,沖縄を訪れる観光客は,沖縄の美しい海,青々とした豊かな森,貴重な野生生物との出会いを求めてやってきます。それなのに,今の世代で環境を破壊してしまうならば,沖縄は環境破壊の負の遺産という不名誉なレッテルを貼られ,観光客は訪れなくなるでしょう。補助金に頼り環境を破壊するよりも,環境を守ることで,それが経済的にも地域を潤すようなシステムを構築することが,地方に求められています。

4 的外れのヤンバルクイナ保護事業

絶滅が危惧される希少生物(ヤンバルクイナなど)に対する対策ですが,県や環境省なども一応の取組をしています。しかし,やんばる地域における生物の減少の原因を,飽くまでも,外来種(特にマングース)の移入にあると結論付けたいようであり,野生生物の保護事業についても,外来種対策に重点がおかれています。しかし,捕獲したマングースの胃の内容物からヤンバルクイナの肉や羽が発見されたことはなく,マングースがヤンバルクイナを捕食することの科学的な根拠はありません。林道開発や森林伐採が野生生物の生息域を奪っていることについては,あえて目をそらしているとの印象は否定できません。また,現実に取り組んでいる対策(マングースの捕獲や北上防止柵の敷設)にしても,必ずしも学術的な根拠に基づいて行われているというものではなく(マングース北上防止の保護柵についても,林道からの侵入を防ぐことは出来ず北上防止の効果には疑問があるといわざるを得ない。また,保護柵の敷設によって生じかねない生態系の分断による悪影響については,必ずしも慎重な検討がなされているとはいえない。),外来種対策の実績を示すために行っているとの印象を受けました。

5 現地マスコミの声

私たちの調査には,沖縄の新聞やテレビ局が同行し,現地で大々的に報道されました。  

4月24日琉球新報朝刊 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-13076-storytopic-1.html

4月25日琉球新報朝刊 http://ryukyushimpo.jp/variety/storytopic-12.html

4月25日琉球朝日放送ニュース映像 http://www.qab.co.jp/01nw/06-04-25/index8.html


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ランクがビシバシ落ちてきてます

更新頻度が落ちたので仕方ない所も

ありますが、どうか本日も応援を
人気blogランキング お茶



今年のGWは大変天気に恵まれたので

篭もって仕事をすることも許されず、

天気のよい日を選んで、家族で

3日ほどでかけました。思いつき

日帰り旅行でも天気のおかげで

100%満喫できました(=⌒▽⌒=)


海の中道海浜公園

http://www.uminaka.go.jp/facilities/index.html

三瀬ルベール牧場 どんぐり村

http://www.dongurimura.com/joy.html

秋芳洞+秋吉台(山口県)

http://yaccyann.cool.ne.jp/akiyosido/


それにしても、秋芳洞なんて小学6年の

修学旅行以来ですから4半世紀ぶりの

訪問でしたが(・・。)ゞ修学旅行では

洞窟の中を急いで移動した記憶しかなく

改めてゆっくり見ることができてGOOD

でした。2kmも歩きましたので、コースを

間違えて、黄金柱見損ねました(T▽T;)


今まで山口県はノーマークでしたが

新幹線を使えば大分県や鹿児島県や

長崎県よりよほど移動が簡単UFO

地方格差の拡大のためか、高齢化

急進のためか、街全体に活気が

薄れている気はしましたけど。

 今度は萩に泊まりに行きたいナーと

思ってます。萩本陣のモノレールは

楽しみです。

http://www.hagihonjin.co.jp/top.html


ろぼっと軽ジK

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。