【重要】RattelWare ラテアートピッチャーについて | FBCインターナショナルの『美味しいバリスタ&エスプレッソ』BLOG

【重要】RattelWare ラテアートピッチャーについて

こんにちは!堀口です(・∀・)

 

本日は皆様にお知らせがございます。


RattelWare ラテアートピッチャーは、弊社代表の上野が経営しておりました 前Java Trading 社時代より二十数年に
亘り長年継続し輸入販売し、今日においても弊社を代表する商品の一つです。

 

既にお知らせさせて頂きました通り、2018 年にシアトルのEspresso Supply 社は、Rattleware と Cremaware ブランド製品の全ての製造及び販売権を、同じくシアトルに本店を構える Visions Espresso Services 社に、完全譲渡いたしました。


よって、RattelWareラテアートピッチャーは Visions Espresso Services の直接管理下にある工場にてRevolutionラテアートピッチャーとし製造し、販売を開始することとなりました。

(RevolutionはVisions社のオリジナルブランド名です)

この再販に際し、

1. デザインは、最も評判の良かった頃の Rattleware ピッチャーに、重さ・厚さ・ハンドル形状などを極力同じになるように、新たに金型も作り新工場で作ります。

2.  底の裏面のブランドの刻印が、RW から Revolution へ変わります。

の予定です。

 

新しいRevolutionピッチャーの販売開始になりましたら、また、皆さまにご案内させていただきます。

 


販売開始迄の数か月間につきましては、ほぼRW ピッチャーと同様のシルエット・使用感であるFBC オリジナルピッチャー12oz. 20oz.や、

オーストラリアRhinoware 社ピッチャーなど、多数の種類のピッチャーをご用意して皆様のご要望にお応えいたしたく思います。