追悼 | FBCインターナショナルの『美味しいバリスタ&エスプレッソ』BLOG

追悼

先週、私が片隅にお邪魔させていただいているコーヒー業界の偉大な先達が天国に召されました。

 

 
島根県安来市 サルビア珈琲 門脇美巳オーナー。
 
安来のお店にもお邪魔させていただきました。
シアトルではスターバックスのロースタリーで朝食にお付き合いいただきました。
 
60歳を過ぎてからでも、次男の店に行きそのエスプレッソ抽出やスチーミングをビデオに収め、エスプレッソ、カプチーノ、ラテを独力で身につけようとする姿勢。
今の私が、常に新しいことにチャレンジしようとしているのは、門脇美巳氏の影響以外のなにものでもありません。
 
2019年9月11日 東京ビッグサイト SCAJ展示会会場。
愛用しているライカのカメラで撮らせていただきました。
この写真が、この時が、この日が、氏との永遠の別れになるだろうという事は、次男である裕二さんから事前に聞いて知っていました。
お別れやお礼や色々な想いを込めて 1/60秒 シャッターを押しました。
このような気持ちでシャッターを切ったのは、初めてです。
レンズの先の氏の優しい眼差しは、そんな私の気持ちを分かっていたのだろうと思います。
 
この写真は、私の宝物です。
 
ドリップのみならず、エスプレッソ、ラテまで挑戦した日本のバリスタの偉大な先達 門脇美巳氏。
 
今に至るアジア人の WORLD BARISTA CHAMPIONSHIP での活躍の先陣を切り2005年Seattleでアジア人として初の決勝進出、準優勝を勝ち取った 長男 カフェロッソ 門脇洋之。
JAPAN BARISTA CHAMPIONSHIP 準優勝はじめ様々な優勝を誇り何よりもエスプレッソマシンに強く先進的な技術、焙煎を日本市場に紹介する次男 門脇裕二。
 
この業界にいたから知り合えました。
お話しもできました。
ありがとうございます。
そして、
さようなら。