心の整理収納アドバイザー丹羽志津子(にわしずこ)です。

 

あなたはポイントを使って

支払いをしたときや

商品券を使って精算したとき

家計簿に記帳していますか?

 

家計管理講座を受講中の
メンバーから質問を頂きました。

「カードのポイントや割引券はどう管理したら良いですか?」

 

私なりの方法をお伝えしますね。

 

ポイントを使った分を差し引いて

記帳するのは、もったいない!

 

普通に現金で支払ったように

記帳してポイントや商品券で精算した分だけ

「お楽しみ貯金」にしています。

 

つまり

 

家計費では、予算通りに支出し

もらったポイント家計費で現金化

 

「お楽しみ貯金」は

家計簿の集計にいれない

へそくり的なお金にしています。

 

 

わが家の場合は「いくら貯金」と

昔名付けていましたが

 

今では「お楽しみ貯金」と名前を変えて

使っています。

 

いくら貯金は、秋になると出回る

生のいくらを予算を気にせず

楽しむための資金づくり!

 

image

(これはイメージ写真です)

 

 

以前の家計簿講座で真面目な顔をして

「いくら貯金」の話をしたとき

受講者さんが終わってから

「笑いをこらえるのが大変だった!」と

話してくださいました。

 

私としては、受け狙いじゃなくて

真面目に話したんですけどね~~(笑)

 

商品券や、ポイントを使って

そのまま精算すると

 

「予算が増えた状態」

 

つまり「必要だから買う」というより

「買えるから、買おう!」と

使いすぎにつながってしまうかも。

 

それよりは、ついたポイントや商品券を

収入として、捉えると

 

「好きなことに使えてありがたいな~」

という気持ちも強くなますよね!

 

家計管理、予算管理ならではの発想!

 

受講者の方からこんな言葉をもらいました。

 

お金を大切に使う。

 

予定を立てて計画的に

楽しみながら家計管理!

 

お金の流れが整うと簡単ですよ。

 

家計管理に自信が持てる「やりくり上手になる」袋分け家計簿動画講座

 

■これからの講座・募集中のサービス■

片付けサービス×家計管理レッスン×マインド講座など募集中
ご提供中のサービス一覧
全国出張・企業研修・PTA研修受付中お問合せはこちらから
お問合せフォーム
心が軽くなる「私とマインドワーク」無料メルマガラブレター
企業・研修担当の方へマインドワーク®Biz
親子deマインドワーク®YouTube