どうも。サイバードラゴン考えてみたくなってサイバードラゴン構築あげてみることにしました。

 

・もくじ

 

1.サイバードラゴンに対する私の考え

2.デッキレシピ

3.解説

4.まとめ

 

 

 

 

1.サイバードラゴンに対する私の考え

 

 

まず、私はサイバードラゴン素人です。

ですが、それなりに考えがあります。

一般的にサイバードラゴンは後攻取って捲くってワンキルするのがセオリーかと思います。

 

しかし、私は以前から言っておりますが、それはリスクがあると考えています。

理由は、対戦相手がデッキを不正に把握した状態で対戦してくることが多いからです。

 

サイバードラゴンはこれが顕著です。理由は、サイバーが後攻を取ることが多く、先行でやれることが少ないため、後攻を取らせないようにするだけで勝ちやすくなるからです。

 

サイバードラゴンは強いデッキだと思いますが、こういった不正行為をする人が多々いるので厳しい部分があると思います。

 

こうした現状があるため、自分はあえて先行を取る構築を考えました。

しかし、罠型と呼ばれるものにはしませんでした。

理由は、一枚展開するデッキではないサイバードラゴンは、展開に噛み合わない罠を増やした構築にするより、制圧力の高いドラグーンインフィニティを目指した方が強いと考えたからです。

 

 

 

2.デッキレシピ

 

こちらがデッキレシピとなります。

 

 

 

 

3.解説

 

まずコンセプトとして、サイバードラゴンインフィニティとドラグーンの盤面を目指します。

そのために誘発を貫通するためのカードを入れております。

 

それぞれ解説していきます。

まず展開するための手段として機械複製を選択。

サイバードラゴンを3枚投入することになりましたが、一枚でデッキからサイバードラゴンを2体出せるのは非常に強力なパワカだと考えています。ターン制限もないため、うららに対してワンチャンあるのも良いです。

 

閃刀姫カードは、召喚権を使わずにリンク数稼げるので採用しています。

アナコンダを出すのに使ったり、アポロウーサを狙ったりします。

 

デストルドーはハリファイバー展開を行うために採用しています。もし手札に来てる場合は先にハリファイバー展開から入って誘発見たりします。

個人の意見ですが、サイバーはソルジャーに誘発打たれるのが辛い気がします。

インフィニティをまず立てたいので、先にハリファイバーからアポロウーサまで狙って誘発を打ってもらいましょう。

 

簡易融合はインフィニティ立てるためのレベル5供給カードです。

ソルジャーに誘発打たれたときやソルジャーがなくてネクステア経由のサイドラ1体の時とかに役に立ちます。

 

オーバーフローは優秀な除去札で採用しています。一応先行取るので採用価値は十分かと思います。後ろに触れるのもグッド。

 

 

4.まとめ

 

 

展開プランとして、機械複製とギャラクシーソルジャーの2パターンがあります。

アナコンダ等のリンク展開のルートに閃刀姫のホーネットビットとデストルドーによるハリファイバー展開があります。

この複数の展開プランを用いつつ、墓穴などで相手の妨害を突破していきます。

 

最近は墓穴の墓地除外効果もよく使います。

墓穴も先行妨害カードとしても使えるので先行型と噛み合っています。

 

デッキカスタマイズ案として、閃刀姫ギミックを抜いて違うカード入れたり、トロイメアフェニックス入れたりしても良いかもしれません。

罠をもう少し増やすのもあり。

 

では、今回はここまでです。

ありがとうございました。