2019年ドラフト会議が昨日行われた。

目玉の一人佐々木が、マリーンズへ。

そして、ジャイアンツが指名した奥川は、スワローズへ。

原監督は、くじ運がないので、引かないでもらいたい。

ここからいつもドラフト戦略が狂う。

 

結局次の外れも外した。

獲ったのは、堀田。

佐々木には劣るが、注目されていた高校生の様だ。

果たして何年後に頭角を現すだろうか。

 

1位 堀田賢慎(ほった・けんしん)青森山田高(青森)投手 右投右打
身長185センチ、体重80キロ

2位 太田 龍(おおた・りゅう)れいめい高(鹿児島)-JR東日本投手 右投右打
身長190センチ、体重94キロ

3位 菊田拡和(きくた・ひろかず)常総学院高(茨城)内野手 右投右打
身長182センチ、体重93キロ

4位 上温大(いのうえ・はると) 前橋商高(群馬)投手 左投左打
身長175センチ、体重72キロ

5位 山瀬慎之助(やませ・しんのすけ)星稜高(石川)捕手 右投右打
身長177センチ、体重82キロ

6位 伊藤海斗(いとう・かいと)田南高(山形)外野手 左投左打
身長187センチ、体重88キロ


育成1位 平間隼人(ひらま・はやと)鳴門渦潮高(徳島)-徳島インディゴソックス内野手 右投左打
身長173センチ、体重75キロ

育成2位 加藤壮太(かとう・そうた)中京学院大中京高(岐阜)-埼玉武蔵ヒートベアーズ外野手 右投左打
身長187センチ、体重89キロ

 

 

ということで、誰が来年から1軍へ上がれるのか。

もちろん高校生は、3年後辺り上がれるように頑張ってもらいたい。

まずは体力づくり、そして基礎固め。

 

これで次は日本シリーズとなる。

そして、FA戦線今年は誰が出て来るか分からないが、とにかく先発が欲しい所。

広島の野村がFAする可能性があるらしいので、もしかしたら獲りに行くかもしれない。

まぁ個人的にはそれ程期待出来る選手ではないが、先発のコマが足りないので、なんとしても2人は欲しい所。