新、縫製職人への道

新、縫製職人への道

さいたま市桜区にある洋服屋の日常を綴りました

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは、ファッションいずみの代表 水出俊哉です。

このブログにお越しいただきありがとうございます。

いずみバナー

縫製職人ブログをアメブロから独自ドメイン先に移行します
今後ともどうぞよろしくお願いいたします
新しいブログはこちら「超縫製工場への道」です。

http://fashion-izumi.jp/
新しいブログに読者登録していただくと、新しく更新されたブログがメールにて届きます。
http://fashion-izumi.jp/blog/mail
読者登録もお待ちしております。


 高級婦人服専門の縫製工場|ファッションいずみのホームページはこちら

THE REECE MADE IN USA

今日も暑い一日でした。来週で7月も終わりますね

さて、今日は穴かがり(ボタンホール)の注文が多い日でした。

写真は、アメリカリース社製のボタンホールミシンのアップです

 ボタンホールの種類っていくつあるか知ってますか?

  1.  ネムリ穴、シャツ穴とも呼ばれる通りシャツやブラウスの前立てカフスなどに用いる
  2.  ハトメ穴はジャケット・コートなどにあけるボタンホール。鳩の目のように円いからそう呼ばれている
  3.  ネムリハトメ、または本ネムリ穴はハトメのかがり方で目がないタイプ

 1.ネムリ穴(シャツ穴)

2015.03.19-01 写真はネムリ穴(シャツ穴)パール縫い使用糸エースクラウン60番手ポリエステル糸

パール縫いとは、山が立ってるかがり目で高級感がある

もう一つはウィップ縫いで平べったく見える、主にスパン糸でかがることが多い

家庭用ミシンでかがれるのもこのタイプ

 2.ハトメ穴、ネムリハトメ(本眠り)

IMG_2582 ハトメ穴ミシンはアメリカリース社とドイツのデルコップ社のミシンが有名

デルコップ社製のかがり目は細かくてきれい、リース社はアメリカで生まれたジーンズのボタンホールをあけるのに適している、カジュアルな感じがしますね。

使用糸は上糸、下糸30番手+中に芯糸を入れます

写真は閂止めしてありますが、ジーンズなどは流れ閂と言って最後に最初と重ねてかがる方法もあります

 最後に

昭和の時代、国内縫製工場が最盛期の頃

大小様々な縫製屋があり、ボタンホールミシンは高価だったので買えない事業所が多く(家内制手工業)

ボタンホール専門の穴かがり屋がいくつもありましたが、年々国内衣料品自給率が下がるとともに穴屋さんの廃業も相次いで増えています

実際、さいたま市にあった2件の穴屋さんも高齢で廃業したそうです

今残っている国内縫製工場の多くは穴かがりミシンを持っているので穴屋さんが無くなっても困らなくても

一般のホームソーイングされている方は穴屋さんが無くなって困ってうちに来てくれる方が増えています。

遠方の方でも宅配便サービスを使えば便利ですよ

是非ご利用お待ちしております

 高級婦人服専門の縫製工場|ファッションいずみのホームページはこちら

 1021

最新型工業用ミシン|JUKIDDL-9000B

今日も一日、お疲れ様でした。

気が付けばいつのまにやら繁忙期真っ只中

蝉の声を聴いているゆとりもないくらいです。(まだ喧しくなっていないのかな?少ないような気がします)

秋冬アイテムの本生産がお盆明けには店頭に出したい商品を縫製中だし

8月末納期、9月末納期、10月はもう展示会のシーズンですね!2016春夏始まるって感じです

そんな忙しい時期にお盆休みとシルバーウィークがありますから尚更忙しくなっちゃう(-_-;)

 工業用ミシンと職業用ミシンと家庭用ミシン

家庭用ミシンはポータブルで持ち運びができて大きさもコンパクト

作業はテーブルのような台の上に置いて作業しますね

モーターも小さいのでそれほどパワーもスピードも無い

機能的にはいろんなボタンが付いているので刺繍だったりボタンホールもジグザグ縫いなどできるようです

価格も手ごろなお値段でショッピングモールとかでも手芸用品店でも売っているので購入しやすいが故障もしやすいラシイ

 

僕らが使っている工業用ミシンはテーブル(1200×600)の上に乗っているので安定してミシン作業がしやすい設計

モーターも大きいのでパワーがあってスピードがギガ速い

値段も30万円程しますから子供の縫い物をするためだけに購入する人はまずいないでしょう

高いけど本縫いだけの機能しかありません

ついている機能は自動糸切装置とタッチバックスイッチ(押すだけで後ろに進む、返し縫いする時に便利)

それと自動返し縫いスイッチ(ペダルを踏むと自動で返し縫いしてくれ、縫い終わりも糸切する前に返し縫いしてくれる)

それくらいですね、欲を言えば針元を照らすライトは標準装備して欲しいですね

値段が高いけどハッキリ言って普通に使っていれば故障することは先ず無いですね

だって、30年前のミシンだって立派に使ってる

最新型のミシンを買う理由はオイルレスミシンなところですね

旧式はミシンの下にオイルパンがあってそこから自動給油でミシンに回していたから製品に油染みが付くことがあって

それを落とすのにひと手間掛かるので、その心配が無くなるってことは喜ばしい事なんです。

ただ、全く油を使わないってことじゃなくてオイルパンが無くなって小さな内臓タンクから油を回す方式です

機械は油が無いと壊れちゃうので

ロックミシンも最新型はオイルレスになってます(それも欲しいです)

 

最後に職業用ミシンとは何ぞや?

より工業用ミシンに近いけど糸切装置が付いていないとか

足踏みミシンに小型モーターを付けたような感じでしょうか?

使ったことが無いのでヨクワカリマセン

ちなみに国内ミシンメーカーは、ジューキ・ブラザー・三菱・トヨタとかがあります

ロックミシンは、ジューキ・ヤマト・ペガサスが有名かな

縫製機器メーカーはあまりなじみがないですよね

それらの会社が無かったら僕らは困ってしまうので偶にはミシンを買わないといけませんね


 高級婦人服専門の縫製工場|ファッションいずみのホームページはこちら

 1020



TARO HORIUCHIという婦人服ブランドを御存じですか?

デザイナー堀内太郎氏が手掛けるブランドTARO HORIUCHIも最近伸びてきている若手デザイナーの一人だとボクは認識している。

ファッションいずみでこのブランドを縫い始めたのも確か2011年ごろだったと思う

出会いは松ノ木親方からの紹介でした。(松ノ木親方については知る人ぞ知る人物だとしか申し上げられません。(笑)

以下引用

ブランドのはじまり

2009年、タロウ ホリウチが自身の名を冠したブランド「タロウ ホリウチ」を設立。

タロウ ホリウチについて

タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)は日本のファッションブランド。常に丁寧で、繊細かつ上質な素材を追求。一過性のインパクトに頼らない独自のデザインのもと、様々な作品を作り出している。

堀内太郎(Taro Horiuchi)は1982年、東京生まれ。15歳でイギリスに渡る。ロンドンのキングストン大学で写真を専攻。その後、服飾科に進む。

2003年にアントワープ王立美術アカデミーに入学。ITSでディーゼル賞を受賞し、ディーゼルとのカプセルコレクションを発表。2007年、同校を主席で卒業(アントワープの王立芸術アカデミーはミキオサカベに続き、2年連続で日本人が主席で卒業した)。卒業後に日本に帰国したが、一説ではディオールオムの誘いを断って帰国したと言われている。

 

かなりの才能の持ち主なんですね

毎回毎回実験と称してコレクションを発表し続けている

うちでもコレクションサンプルを毎シーズンお手伝いしているのですが

いつもわくわくさせてもらいながら作っています

そんな彼が弊社までわざわざ来てくれたのはうれしく思いましたね

聞くところによると、あまり人付き合いが上手じゃない方だそうです

実際話してみましたが、あまり会話したって記憶がないな・・・

展示会も偶に行くのですが、あまり話さないですね(ボクが無口なせいかも知れません)

もしかして嫌われているのかな・・・?

ore001

ファッションいずみにて堀内太郎氏(右)とボク(左)

普通じゃない努力

ある人物から聞いた又聞なのですが、新進気鋭の若手デザイナーの服が普通だったら誰も見向きもしてくれません

だから普通じゃない服をデザインするのがデザイナーの仕事

普通じゃないアイデアを出すには常日頃から普通じゃない為の努力が半端無いらしいですよ。

毎回作る普通じゃない洋服はパターンを読んで組み立て方を理解するのに頭を使います

過去に縫ったTARO HORIUCHIの洋服はこちらでご覧になれます

今後益々注目度が上がってきそうな予感がします

Don’t miss it!


  高級婦人服専門の縫製工場ファッションいずみのホームページはこちら

 1019

PHABLIKxKAZUI

3連休が終わり今日からまた頑張って行こうとハリキッテいる水出です。

19・20日の2日とも、くそ暑い体育館で卓球の練習を4時間も合計8時間です

しかし、なぜだか体重は変わらずでした。_| ̄|○

4年前に卓球を始めたのは、ダイエットが目的の一つでした

始めた頃は、ペース配分も何も分からず我武者羅に練習していたから面白いように体重が減った(かなり肥えていたんですね)

しかし、4年目ともなると休憩が多くなって無難にこなしているから足が攣ることもなくなりました。

やっぱり、走らないとダメかな?

さて、今日は最近ブレイク中のドメスティックブランド「PHABLICxKAZUI」とファッションいずみがどうして出会ったのか?

そんなことを書いてみたいと思います。

PHABLICxKAZUIって?

ー 物語のある「衣」ー

PHABLIC×KAZUIでは生産的な価値の中で廃棄され腐敗していく「モノ」から 有機的な結びつきで発酵していく「モノ-コト」への 変化を創造すること を大きなコンセプトに、 各シーズンで展開される物語の中の登場人物を通して、その背景にある生活風景、生き方、思想を「衣」に込めて表現しています。

phablic x kazui ブランドコンセプトを引用しました

毎回物語のある服を作っています。

  • 出会いは、生地屋さん

2011年だったと記憶しています、4年前だからちょうどダイエットを始めた頃でした

その時の取引先様で生地屋さんがODMでレインケープを作れる縫製工場を探していて

ネットで検索したら「ファッションいずみ」が良さそうだと思ったのでしょうか、それがご縁でレインケープを縫っていました。

その生地屋さんでPHABLICxKAZUIのデザイナー瀧澤君が生地を買っていて

雑談しながら「どこかに良い縫製工場知りませんか?」と何気ない会話で

「あるよ、埼玉にファッションいずみって縫製工場が」そんな感じだったようです。

そしたら、直ぐにさいたま市桜区のファッションいずみまで来てくれて

話を聞いていたらオモシロソウだったのと縫製工場を必要としてくれている人の力になりたいと思ってお手伝いすようになりました。

できたばかりで、プロトタイプにサンプルは自分でデザインしてパターンも手書きだったかな

そしてポータブルミシンで自分で縫ってましたっけ

それでも、展示会とかムービーなど手作りして地方のセレクトショップまで自分で車で行って営業して

数は小量だったけど受注してましたね。

出来たてのブランドで生産枚数が10着とかしかなくて

普通のシャツじゃ売れないから古着のシャツを解いてパッチワーク生地を使ってのデザインのアイテムを縫いたいって思う縫製工場は少ないでしょうね

それでも、熱意が伝わってきたのでどこかの合間に入れ込めばいいやって感じでお引受した次第です。

  • 洋服ってやっぱりデザインとコンセプトが重要

 それでも、ここまで毎年新しいテーマで続けてきたのは素晴しいことだと思っています。

今までもそんな小さな生まれたてのデザイナーズブランドを数知れず縫ってきましたが

多くのデザイナーは1回もしくは2回でアイデアが出てこなくなってしまうなか

Phablic x Kazuiのデザイナー瀧澤氏は少なくとも4年は新しいことにチャレンジしているのです

良くアイデアが出てくるものだと感心しているし、尊敬していますね

僕らはそれを縫っているだけにすぎないのだから

ただ、彼の作りたいシャツは普通のシャツじゃないのでその想いを形にできるのは僕らの役目なのかなという自負はあります。

2015AW men’sbasicshirt

  • これからもデザイナーに必要とされる縫製工場でありたい

洋服には様々なアイテムがあります、その中でボクらが得意としているのは購入して着用されたお客様が喜んでくれる服を作ること

そんな洋服を作っていると不思議と洋服が好きで22,000円(+消費税)のシャツの良さを分かってくれる人が必ずいて売れるんですね。

売れるとブランドが継続していけるし僕らも必要とされるはずなんです

お互い持ちつ持たれつの関係を続けていければ最高ですね


 高級婦人服縫製工場ファッションいずみのホームページはこちら

 1018