image

※夫をプロのフォトグラファーと設定した!

 

 

「良い彼女」でいる必要はないですよ。

 
「あなた」でいればいいんですよ。
 
「良い彼女」でいようとすると、「あなた」でなくなっていきません?
 
例えば、「良い彼女」ってどういう彼女?
 

 
めっちゃ漠然としてますよね。
 
あなたの思う「良い彼女」と外国人彼の思う「良い彼女」には違いがあって当然だし。
 
共通認識がない状態で、あなたはどうやって外国人にとっての「良い彼女」になるの?
 
 
ね、そういうこと。
 
 
そういうのね、もうなしにしていいんですよ。
 
「あなた」でいればいいのです。
 
 
例えば、あなたと外国人彼とで、「良い彼女」についてすり合わせをしたとしましょう。
 
そして、あなたがその「良い彼女」とやらを目指したとしましょう。
 
外国人彼に嫌われたくない一心で。
 
 
けど、それはもう「あなた」ではないでしょ。
 
そんな、あなたらしくない「あなた」に満足するような男は、こっちから願い下げですよ。
 
捨ててしまって大丈夫。
 
あなたが、その男を手放せば、必ず次の出会いが待っています。
 
アラフォー・アラフィフともなれば、年齢的に次が見つからなかったらどうしようって不安ありますよね。
 
分かります。
 
けど、手放さなければ、次がやって来ませんよ。