AY4.2と特定されたこの変異株は「Y145H」と「A222V」として知られる2つの変異を併せ持つデルタ株の亞系統「AY4」から派生したと見られています。7月前半あたりからイギリスで広まり始め現在の感染者の7~8%を占めています。米国では、カルフォルニア州、ノースカロライナ州、コロンビア特別区で感染が確認されているが3例のみです。

AY4.2の感染力は従来のデルタ株より10%程度高い可能性があるとの見方を示した。

しかし、現段階では必ずしも「懸念される変異株」に発展する見通しが高い訳ではないとも付け加える。

https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2021/10/post-97321.php?page=1


AY4.2は、イスラエル

 



そして、ロシアでも見つかっています。