死ぬ前に思うことは | いっぽ、いっぽ

いっぽ、いっぽ

ブログの説明を入力します。

樹木希林さんが亡くなる前に「もうそろそろ帰りましょうか」と言われた話を聞き、思い出したことがあった。

患者さんが亡くなる前日に「家に帰ります」と何度も言われたことがあった。
全身状態も悪く、家に帰れる状態ではなかったが、死が近い状態とも思えなかった。

それまで、一度も「家に帰ります」と言われたことはなかったが、その日はうわ言のように繰り返されていた。

人は死を感じた時、家に帰りたいと思うのだろうか?
今の日本で家で最後まで過ごすことができる人は数少ないと思う。
そこには介護の問題、金銭の問題、仕事の問題等々絡んでくる。
介護が続くとお互いが疲弊してくるのは当然のことであり、家に帰りたいと言い出せない患者さんや連れて帰りたいと言えない家族も多いと思う。

また、入院するともっと生きたいという思いや家族の思いに答えるため、ギリギリまで頑張ってしまう患者さんも多い。
それはそれでいいのかもしれないが、自分で動ける体力まで奪われ、力尽きてしまう方も多い。
家族は知っていても、余命まで知らされている患者さんは少ないのが現状だと思う。

家で介護するために、国は色々な政策を立ててはいるが、現実的な政策であるとは思えない。

最後を病院で過ごすか、家で過ごすかに関わらず、自分が死ぬ時どうしたいかを考え、今から準備しなければいけないのかもしれない。

私は最後「家に帰りたい」と思うのだろうか?
もし、そのように思った時、それは叶うのだろうか?