先日twitterで、チャート・パターンごとの勝率とは別の話で、エントリするときは「建値逃げしやすいかどうか考える」というつぶやきをしたんですけど、分かりやすいサンプルがあったのでシェアします。

 

まずポンドドルの4時間足です。チャネル下限ちかくのきいろで囲ったあたりのストーリーです。

 

 

15分足に拡大します。

 

 

さかさまのカップをつくったあと、取っ手に下降フラグがくっついてくるインバース・カップ&ハンドルが形成中で、教科書通りならフラグ下抜けからのショートが可能です。

 

とはいえ、4時間足レベルの大きなチャネルの下限ちかくなので、あまり下の方からはショートしたくないという話も一方であります。

 

この矛盾を解決してくれるのが、建値逃げ出来そうな位置、つまり下降フラグの上限あたりからのショートになります…15時ジャスト、2本目の上ヒゲをつけた青い矢印のキャンドルのところです。

 

結果的にこのショートは、下降フラグの下限で気持ちよく反発して戻ってきたため、建値ちかくで微益撤退しています。

 

その後の展開は、直近安値のレベルでのインバース・カップ&ハンドルが崩され、過去のブログ『場所と型崩れとちょと時間と』の内容の通り、ショートは踏み上げられることになりました。

 

ただ、エントリ時点では、下に抜けて行かない保証もないので、建値逃げできそうなチャート・パターンなら、難しいと思っていてもエントリする価値はあると考えています。

 

ちなみにこういったケース、わたしは建値逃げで仕切り直すことが多いですけど、そのままドテンを使われる方もたくさんいらっしゃると思います。

 

■関連記事リンク

『場所と型崩れとちょと時間と』

https://ameblo.jp/fanexit/entry-12404155194.html

 

以上です:)