fanactal

faのtradeブログ


テーマ:

前回のブログでつかったイラストですが、今日のポイントは四角で囲った部分です。

 

 

レートが下落するシナリオが2つ書かれています。

ラス押しのAを割ってそのまま下落していくケースと、一旦プルバックが入ってから下落するケースです。

どちらもよくありますよね!

 

わたしは基本的にプルバックを待ってからエントリする派なので、そのまま行かれてしまうケースだと置いてきぼりになります。

 

なぜプルバックを待つかというと、レンジを抜けたレートはレンジ内(あるいは上限・下限)に一旦戻って何らかの抵抗を確認してから再度レンジを離れていくことが多く、その方が浅いロスカットできれいなフォロースルーの取れるトレードができると思っているからです。

 

三尊ではありませんが、局所的なチャートをサンプルとして見てみます。

 

 

ラス押しのAを下抜けたレートは、一旦レンジ内に戻り、高値1の山の内側のネックライン2にタッチして、つまりなんらかの抵抗を確認し、再度下げ始めているのが分かると思います。

ネックライン2と呼んだのは、1分足なんかで見ると安値2はWトップのネックラインになっているはずだからです。

 

もし安値Aを最初に実体で割り込んだキャンドルからエントリしてしまうと、しばらく含み損状態になってしまいますよね…いわゆる引かされるというやつです。


イラストもよーく見ると、安値を確認して下がってますよね:)

 

わたしは、機会損失よりロスカットが嫌いな性格なので、原則的にプルバックを待つスタイルにしています。

 

では、今週もいい週になりますように☆彡

fa

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

fanactalさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。