fanactal

faのtradeブログ


テーマ:

今日のテーマはヘッド&ショルダーです…真面目に書きます。

 

 

こんなようなイラスト(とくに上段の2つ)は100回以上ご覧になったことがあると思うんですケド、よく見ると味わい深いので詳細に見てみたいと思います!

 

三尊とも呼ばれるヘッド&ショルダーは、天井あるいは天底にできるもの、という解説が多く、事実そうなのですが、崩された場合(下段の2つ)も格好のエントリのチャンスになるので注目したいカタチです。

 

ちなみに、ヘッド&ショルダーに限らず、わたしがイラストに追加した”A”のいわゆるラス押しが、攻防の焦点になりやすいことはいつも心に留めておいてください:)

 

実例を見ます…まず1時間足チャートで俯瞰してみます。

 

1時間足レベルでは、底をつけたあと、わたしのようにきれいな上昇トレンドが…そして、点線の四角で囲ったところ、2本の戻り高値の間でまるまる3時間の持ち合いが出来ています。

 

5分足で見てみると、この四角のなかがヘッド&ショルダーです。

 

高値1・2・3の2が高いフツーのH&Sです、ハイ。

 

3の高値をつけたあと、レートは冒頭のイラストのようにAの安値まで戻り、まんまと反発しています。

 

そして反発するだけでは飽き足らず、3の高値を抜き返してしまい、H&Sのフォーメーションが崩れました。

なので、あかい矢印のキャンドル確定からロングすればいい!ということになります。

イラストだと左下のパターンですね!

 

チャート・パターンとして記憶すればそのまま使えるし、そうでなくとも、たくさんの人がこう動くだろう!と考えそうなパターンが覆されたときには、エントリのチャンスになりがちなので、俯瞰チャートのトレンドに逆行するフォーメーションができたときは、両方のシナリオが思い浮かぶようにしておいた方がいいですよね:)

 

わたしはやらないんですケド、こういう場合のドテンでは、やられたトレードのロット数の1.5~2倍で仕掛ける方もいらっしゃるみたいです…まさに倍返し。

 

蛇足ながら、型通りの明瞭なパターンが出現しているときは、エントリ後の伸び方もスムーズだと思います…おそらく、その方が動意づきやすいからだと解釈しています。

 

トレードを始めたころは、実際はそうでもないのに無理やり知っているパターンにこじつけてトレードして、けっこ嫌な思いをしてました(笑)

 

ずっとお天気わるいみたいですケド、良い週末をお過ごしください☆彡

fa

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

fanactalさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。