2019年2月26日 20時27分頃 射手座にて下弦の月を迎えます。

 

アングルとなる地点は、アセンダントの天秤座を筆頭にすべて活動サインで固まっていて、

 

新たなスタートを迎えるための手放しや気づき、調整を促しているような感じがします。

 

 

今回の月は、太陽以外とはアスペクトをとっておらず、精神性の高みやまだ見ぬ未知なる世界を冒険していくために

 

魚座太陽の力を借りて、枠を溶かし切って、自由に解き放たれるような感じがします。

 

その為、この下弦の月のタイミングで、新たにチャレンジしたいような意志が湧いてきたり、

 

もしも、自由に行動できるとしたら、こうしたい!!といった純粋な衝動が湧いてくるかもしれません。

 

その為、これから先の人生における夢が湧いてきたり、必要なインスピレーションやイメージにつながるかもしれません。

 

これは、純粋にワクワクできることから考えてみると良いと思います。

 

射手座の下弦の月のタイミングでは、是非、自分の意志を確認してみることをオススメします。

 

 

射手座は、火のエレメントの星座であり、意志や勇気、チャレンジ精神などにも関係します。

 

意志は、炎であり、火のエレメントを活かす上ではとても大切な要素です。

 

 

自分はこうしたいとか、こう思うとか、ちゃんと見えていますか???

 

周囲の人の顔色を見すぎて、そういったことが自分で言えなくなっていることが慢性化しているような方は、

 

このタイミングでご自身の意志を一旦、しっかりと出せるように見つめ直しをすると良いと思います。

 

現実を考えるととか、今の状況だと・・・といった今現在の枠は一旦脇に置いて、もしも、そういうしがらみがなかったら、

 

一体自分はどうしたいのか?というあたりを純粋に見つけてみるといいと思います。

 

すると、自分自身の内側から熱い意志や希望、チャレンジ精神のようなものが湧いてくれば、この下弦の月の力が上手く生かせてくるでしょう。

 

 

月の度数は、射手座8度 「内部で形成されている岩やその他のもの」

 

岩というのは、大きな石のかたまりであり、大きな意志の固まりでもあるのです。

 

内部で形成されているということは、自分の内側で形成されている大きな意志のことを示しています。

 

まさに、これができあがっているか確認しているような月です。

 

ですので、先ほど、説明したようにココで一旦、自分だけの時間を設けて自分の内側を見つめ直して

 

自分の意志を確認してみるという行動をおすすめします。

 

ちなみにわたくし、この度数が木星の度数なのですが、ホロスコープアカシックで見た時には、

 

なんにもない場所にものすごい大きな岩の固まりがあって、その岩は内部が金色に輝いていて

 

とても静かに内側が変容している岩でした。

 

 

外側に目を向けずに、自分の内側にひたすら目を向けなさい

 

豊かさは、外側にあるのではなく、あなたの内側に眠っているのです

 

外側にくらべるものは何もないのです

 

立ち止まって、内側を見つめなさい

 

自分の内側を見つめて、金色に輝かせなさい

 

そして、静かに燃えるような意志の炎を燃やしなさい

 

それがやがて大きな岩の固まりとなって育ち、


あなたがどんなことがあってもぶれずにゆるぎない意志を体現するための指標となるでしょう

 

 

この度数から、ホロスコープアカシックで得たメッセージはそんな感じです。

 

 

 

なんとなく、この上弦の月のタイミングで、無言とか無音の時間をもうけて一人静かに無とむきあうじかんをとろうと思いました。

 

自分の内側を見つめるってそういうことかなって思います。

 

魚座の太陽の時期にこの度数で下弦の月とは、とても上手くできているもので、

 

この月のタイミングは、一人静かな時間とか

 

無音や無言、なんにもない場所で一人ぽつんといるような時間があると、内側の静かな変容を加速させることにつながるような感じがしますので、なるべく一人静かに過ごしてみて下さいね。

 

 

 

参考にしてみてください。

 

 

【お知らせ】4月セミナー募集について

ホロスコープアカシックセミナー4月は、4月28日(日)

アスペクト統合講座は、4月20・21日(土・日)に開催致します。

どちらも募集開始は、3月8日(金)20時~ 募集開始とさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

ホロスコープ鑑定にご興味ある方へ