ここ1年の利回り動向 | 株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、
不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

本日はここ1年の利回り動向について、
お話させて頂きます。

ここ1年で1棟物件へフルローンを出す金融機関は、ほぼ無くなり、
ある程度の自己資金は必要となってきましたが、
それに対して物件の利回りはどうなってきたのでしょうか。


「不動産投資と収益物件の情報サイト健美家(けんびや)」

収益物件 市場動向によると、ここ1年、


区分マンション→利回り低下
1棟アパート →利回り横ばい
1棟マンション→利回り上昇

という傾向が見られます。


東京経済圏の1棟アパートを毎日数百と図面を見ていると、


新築アパート→利回り上昇
中古アパート→都内やや上昇(西武信金の影響?)
          土地値の出ないアパートやや上昇(日本政策金融公庫の影響?)


といった傾向が肌感覚で感じられます。


ただ、土地値が出ない中古アパートに関して、
単純に利回りが平均して上昇しているというわけではなく、


相場より高利回りの物件は、土地値が届かなくても、
すぐに情報が無くなっていたりします。


今後の賃貸需要が見込める東京経済圏に関して言うと、


土地値に関して言うと、融資の相場を受けにくい特徴がございますが、
高利回り物件も、相場の影響を受けにくい傾向がございます。



最後までお読みいただきありがとうございました。