さいたま市大宮区の矯正歯科ファミリア歯科矯正 院長の大塚です。

少し時間がたってしまいましたが、6月の最終日曜日に、日本成人矯正学会がありました。
大宮の矯正歯科 ファミリア歯科矯正のブログ-1006281

この学会には、
スタッフのみが参加するミーティング(ラウンドテーブルディスカッション)や、
独自に矯正専門歯科衛生士の認定制度など、
いくつか日本矯正歯科学会にない独自の取り組みがあります。

その成人矯正歯科学会で、当院スタッフの山口が、
コミュニケーションスキルについて」という題目でスタッフミーティングのモデレーターしました。
大宮の矯正歯科 ファミリア歯科矯正のブログ-1006282 大宮の矯正歯科 ファミリア歯科矯正のブログ-1006283
いろいろ参考文献も集めて、準備したかいもあり、
無事に90分の大役を勤めてきました。


そのほかに、学会で毎年表彰している、
E-ラインビューティフル大賞を井上和香さんが受賞した、とのことで、
その表彰式もありました。
大宮の矯正歯科 ファミリア歯科矯正のブログ-1006284



成人矯正学会といいますと、
「成人」矯正って、成人と成長期で矯正治療って別物なの??
独立した学会なんて必要があるの??
という疑問があり、
また私も認定医・指導医の資格を受けている日本矯正歯科学会に対して、
この学会が新たに独自の「成人矯正」認定医や専門医精制度を作ってしまったため、
日本に複数の矯正歯科認定医や矯正歯科専門医制度を混在させてしまって、
かえって訳がわからなくなってしまっている元凶だったりもするのですが・・・

プンプン


こういうスタッフの参加を促すプログラムなど、
このような姿勢は日本矯正歯科学会も見習ってほしいです。

また今回の山口の発表準備やそのリハーサルを通じて、

聞くと聴くの違い。
「傾聴」することの大切さ、など

スタッフ全員がシェアできたことも多く、
先日の井上先生の講演以来繰り返し書いている
「スタッフの力」を伸ばすひとつのいい機会になりました。
--
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ ←クリックお願いします!