中本十紀です。

月日の流れるのは早いもので、昨日からお彼岸入りですね。
昨日と本日は、舟橋村の「湯めごこち」で、出張鑑定をしております。


毎年9月になるといつも思う事なのですが、月初の暑さと月末頃の肌寒さの気温差の激しい。
毎年この月には、季節の流れをしみじみと感じます。


2020年もあと3ヵ月になりました。
今年は、コロナ騒動で年初には想像しなかった動きの一年になりました。
全国的に個人の行動制限が起きるなど、年初には想像もしませんでした。
結局は、コロナウィルスに感染する事を恐れているのではなく、感染するとご近所や職場からどの様に見られるのか、地元に住めなくなるという、人の目が恐ろしいのだと言う言葉が漂い始め、感染予防として人との直接的な関わりを希薄化するなど、いろんな意味で人間の本性や生き方を考えさせられた年なのだなと思います。


だから、大切な人との繋がりを育みたい思いも育っているのではないでしょうか・・なお一層に人恋しくなる側面もまた現れているのではないでしょうか?
最近の相談鑑定を承りながら、そのように感じる今日この頃です。


酷暑を越えて、涼しい風の漂いを受けて、コロナ騒動で凝り固まった人の心の垢が、少しずつ洗い流されつつあるのではないでしょうか。


何年か後には、この年の出来事をどの様に思い返しているのでしょうか?
何だかそれが楽しみです。




先日の晴れわたった空です。
この空のような晴れやかさが、早く世に訪れますように・・
中本十紀です。

日々、新型肺炎の話題でいっぱいです。
最近は、これに乗ったチェーンメールなどもいろいろありますね。

たまに私もいただきますが、納得する事ばかりではなく、ちょっと間違った情報も流れてみたり、感情を煽るようなものもあったりするので、ちょっと注意が必要ですね。


現実を見る事は大事ですが、情報に振り回されて何かと怯えたり、感情が振り回されるなどは必要のない事だと思います。


いまは確かに、行動制限も必要なのでしょうが、この機会に免疫力を高める身体づくりも必要ですよね。


行動自粛要請のある今は、自分の時間ができた方もあるはず。
免疫力を高める身体づくり、日常生活を大切にしていきたいですね。


ですが、ちょっと困った事に・・
非常事態宣言を受けて、20日から「湯めごこち」さんも暫しの休業に入られましたが、お風呂は心身を整えるためには、とても大切な場所です。
お風呂施設は、自宅風呂ではできない身体の浄化ができるとても大切な場所なのですが・・
困ったものです。


新型肺炎予防の「三密」に該当すると言う考えなのでしょうが、仏教用語である「三密」の身・口・意を浄く整え、心身を高めるにも、お風呂はよい場所なのだと思うのですが・・


今朝の新聞にも休業要請業種にスーパー銭湯が載っていましたね。

残念です。


そして、今できる事を考える。
こんな中から知恵や工夫が生まれるのでしょうね。



今年のベランダ。
苺、ミニトマトなど一部植えました。
土いじりも大切です。




中本十紀です。

4月の暖かな日差しの中に、お花見もままならず、お花見の時期も過ぎ、日々コロナウィルス情報を聞きながら、そして非常事態宣言が全国的に発令されましたね。


もう世界的な国難ですね。


今は明るい話題がなく、次々と報道される新型肺炎関連のニュースの話題には、感染なさった方々の状況に思いを寄せて、明日は我が身かもしれないと、日々怯えておられる方々も多いのではないでしょうか?

そしてスーパーは品薄になり、我先我先にと我欲むき出しの先を争う方々で溢れる生存競争が活発でギスギスしています。
ドラッグストアの店員さんは話しかけると怯えています。日々、辛い目にあっているのでしょう。
貴女のせいではありません。
精神的にも、せちがない世の中になっています。


なんだかなぁ・・


不安を駆り立てる報道が多くて、感情が不安定になるのでしょう。
個人的には、人が安心できる、もしくは安心を誘う報道が欲しいですね。


私もいま何ができるかを考えています。
兌の気を浄める。
回復には休養と栄養が必要だと言われるという事は、その充実が予防ですね。


まずは日常生活を見直す機会なのかもしれません。

日の出と共に起きて、朝食を楽しくいただく。
神仏を敬い、共にある事に感謝。
お金や物を大切にする。
ゆっくりとお風呂に入って、夜は早く寝る。
お風呂はとても大事です。
そして、質のよい睡眠をとる。

などなど。
如何なものでしょうか?


油田にある私のシクラメン。
今咲き誇っています。
事務所内はフィトンチッドを入れて、空間浄化をしております。
空気が心地良いです。