2018年へ | ファジアーノスタッフのブログ
2017年12月30日

2018年へ

テーマ:ブログ

広報の齊藤です。

 

皆さん、どんな年末をお過ごしですか?

クラブハウスも年越しの準備は万端!新たな一年を迎える体勢が整いました。

 

私も一年を振り返るゆっくりとした年末を過ごしています。

 

昨年12月30日に更新したブログで、「2016年に経験した初めてを2回目に、そして2017年も新たな初めてを皆さまとともに」ということを書きました。

この2017年は、残念ながら2016年を打ち破ることはできませんでした。

J1昇格、平均入場者数1万人、昨年の勝点・・・どれも壁でした。

今は、反省と2018年はどのような活動を展開していくか、それをクラブ内で話しています。

 

 

ある企業を訪問させていただいた際に、経営者の方とこんな話をしました。

「子どもの頃に会ったカッコいい大人って、いつまでたっても忘れられないよね」

その方は野球少年だったそうですが、当時岡山にサッカー教室で来ていた釜本邦茂さんと偶然すれ違い、あまりのカッコよさに競技は違えど感激したそうです。

 

今年から始めた「岡山市内全小学校への全選手一斉訪問」。ここで今年触れ合うことができた63校7,080名の子どもたちの感想で多かったのは「カッコよかった!」でした。

2018年は岡山市内の全小学校訪問を目指し、身近で憧れの存在になっていきたいと考えています。そして、将来的には全県の子どもたちと選手が触れ合えるようにしていきたいと考えています。

 

クラブハウスへ職場体験に来ていた女子中学生に、帰り際に私が声をかけていただいたこともありました。

「試合を観に行ったとき、『カッコいいな』って働いている齊藤さんを何度も見ていました!」

 

恥ずかしながら、改めて子どもたちは私が考えている以上に、大人のことをよく見ているんだなと実感した1年でした。

 

クラブ理念である「子どもたちに夢を!」。

この言葉の続きは、子どもたちに夢を(もたらす)ことだけでなく、子どもたちに夢を(もたらすことのできる大人でいる)ことも大切なのではないだろうか。当たり前かもしれませんが、そんなことを考えております。

2017シーズンで移籍をしてしまう選手たちの多くが、「これからも『子どもたちに夢を!』を体現して欲しい」と言葉を残してくれました。

 

雨の日も

 

情熱と激しさを持って

 

ゴールを狙って

 

みんなで歓喜を得るために

 

 

 

ただ、ひたすらに前へ!

 

2018年も歩みを止めることなく、「子どもたちに夢を!」とともに、前へ前へと進んでまいります。

 

改めまして、2017年も多大なご支援、ご声援を頂戴し、ありがとうございました。

ファジアーノ岡山フロントスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス