BeagleBoard | 16.78MHz
September 14, 2008

BeagleBoard

テーマ:組み込み
Pandoraゲーム機じゃなかったら買ったんだがなぁ、とか日本でも売ってたら買ったんだがなぁという人は意外といるんじゃなかろうか。そんなときはBeagleBoardの出番かもしれない。

BeagleBoardはTIの最新のOMAP3530アプリケーションプロセッサを中心に構成されたシングルボードコンピュータで、Pandora同様その小さな基盤からは想像もつかない性能と安さを兼ね備えている。具体的なスペックは以下のとおり。

Texas Instruments社製ARM Cortex A8 OMAP3530プロセッサ搭載
DDR-SDRAM 128MB搭載
内蔵フラッシュメモリ256MB搭載
PowerVR SGXグラフィックプロセッサ(OpenGL ES2.0準拠 数百万ポリゴン毎秒)搭載
HDMI/S端子ビデオ出力搭載
SDHCカードスロットx1搭載
USBホストコントローラ搭載

Pandoraと異なりキーボード、液晶、ガワ電波の飛ぶデバイスは無い。浮動小数点数に対応したSIMD命令、DSP、そしてこの手の板としては異常なほど強力なグラフィックアクセラレータを積んでいるため、組み込み基盤にマルチメディア関連の処理や、物理演算、リアルタイム3Dグラフィック、その他高速な浮動小数演算を必要とする処理をさせる必要がある場合に活躍するだろう。また、Debian ARMとUbuntu(HandheldMojo/Ubuntu9) ARMが動くことが確認されている。デスクトップLinuxとしてどの程度使えるかは以下のムービーがわかりやすい。


で、気になるお値段がビックリの$149
日本でもDigi-keyから17,865円$149で購入可能。

fadisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス