20150221台高山脈 明神平

テーマ:

今冬は例年になく厳寒、関西近郊の山々も日帰りで充分に冬山を満喫できる。

三寒四温の季節に入ってきたが、うまく冬の晴天日をとらえて台高山脈の明神平の雪山を満喫してきた。






  



  いつもの林道終点で車を置いたが・・・・・







   

 


明神滝に入れば積雪はかなりのもの


     霧氷が見事だ(^o^)






 


 積雪は、1Mはある


  気温が上がってきて、霧氷が樹木の枝から剥がれてパラパラと降り注いでくる

     







  明神平まで2時間余、 


       メルヘンな世界が待っていた!






尾根まで上がれば、遠く大普賢岳、弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳の

                大峰山脈が展望できた







  


明神岳手前の雪原は、ソリ遊びにもってこいの状態









   

  



    前日の降雪で、パウダーな状態










 


  

    雪原に影鬼が登場(^o^)









  


 今日は穏やかな日で、

       思わずジャンプ!!!









    



  あまりの晴天でどんどん気温は上昇し、霧氷は溶けて無くなってしまった。





もはや3月を迎える時期、関西近郊の冬山もぼちぼち終わりでしょうか

今日は晴天に恵まれ、とても楽しく冬山を満喫できた一日でした(^o^)


車を置いたタイヤの設置面が凍り、滑って出れず一苦労・・・・・

  やはた温泉の古代ひのき風呂で疲れを癒して帰路についた



   記  まんさく

AD