《新緑の高山植物を楽しむ》伊吹山(滋賀県) ’14.06.14 | FAC大阪の一般公開用山行記

FAC大阪の一般公開用山行記

FAC大阪(関西で活動している山登りのクラブです)の
一般公開用山行記をブログ式に公開しています。

新人も募集しています。
興味のある方はホームーページをご覧ください。


テーマ:
《コース》
大阪駅6:00集合~名神高速道路米原IC~伊吹山登山口駐車場~8:30伊吹山登山口~三合目(トイレ)~五合目~11:45山頂~昼食~13:00下山スタート~15:30登山口駐車場~18:00大阪解散
《参加者》 7名


伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山地の主峰、標高1,377mの山です。日本百名山、新・花の百名山、関西百名山に選定されている人気スポット。この日は天候にも恵まれ青空の下、午前8時の時点で多くの登山者で賑わっていました。また、登山道の整備のため大勢の地元の方々が一人一台草刈機を担いで軽トラックを連ねて登って行かれました。登山道が草に埋もれず保たれているのも地元の皆さまのおかげ。ありがとうございます。
ゴンドラが廃止されているため1合目からの山行。この1合目~3合目が変化に乏しく傾斜も急でもっともきつく、あとは勾配は急でも歩きやすい道で6月のさわやかな風と琵琶湖の湖岸を望む爽快な景色も手伝って、とても気持ちよく登ることが出来ました。
花は少し時期が早かったようですが、グンナイフウロやクサフジなどの可憐な花々を楽しむことができました。




一合目で樹林帯から原っぱに出ます。






五合目からは高山植物が増え始めます。




もう少し靄が晴れると琵琶湖の湖岸の形がくっきり見えました。


グンナイフウロ(郡内風露)


山頂付近にて。


↓「クレオパトラ」はいつもグルメなKさんご持参の逸品

FAC大阪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス