空白の3時間。 | キャッツRunRun(ランラン)

キャッツRunRun(ランラン)

2014年に移住した南房総で
6匹の猫(チーム名ニャンギラス)と
ランランな出来事を毎日つづります。

朝起きるとSP(夫)が言う。
「カイがいないんだよ」
ん?
今カイの声を聞いた氣がする。



こんばんは、はなえです。


SP(夫)は毎朝4時に起きて、ニャンギラスにご飯を出す。
私は6時頃起きる。
どこかでカイのフニフニ言う声が聞こえる。


「カイが出てこなくてご飯もまだなんだよ」
「!」


2階のトイレをバーンと開けると、カイが目をうるうるさせて座っていた。




SP(夫)が03時頃トイレに行ってから約3時間。
トイレの蓋は閉まり、スリッパと床に置いたトイレットペーパーが散乱していた。
どうにも開かないドア。
諦めて私が起きるまで待っていた?


その後ペロッとご飯を平らげ、何故か冷蔵庫の上にあるタライに入ったカイなのでした。