帆船日本丸20年ぶりの大規模修繕工事、囲まれてしまった。 | かながわ検定横浜ライセンス1級に合格したのでブログ続けてみました。

かながわ検定横浜ライセンス1級に合格したのでブログ続けてみました。

横浜のご当地検定である「かながわ検定横浜ライセンス」は2017年3月の試験を最後に終了してしまいましたが、その名前を忘れない様にブログのタイトルに付けました。
そして、いつの日にか「かながわ検定横浜ライセンス」が復活してくれたらと思っています。


テーマ:

 

この日は相変わらず冬晴れが続き空気が乾燥する中、日本丸メモリアルパークにやって来ました。

帆船日本丸では相変わらず20年ぶりの大規模修繕工事が行われていますが、

旧横浜船渠第1号ドックの海水を抜いてドライドックにした後は、船の周囲に足場を組んでいます。

 

帆船日本丸は足場に囲まれてしまい、船の姿が見えなくなってしまいました。まぁ、マストは見えますが。

ドライドックの状態での修繕工事は3月末までの予定となっていますので、それまでの我慢ですね。

船体の修繕を行った後は、塗装もバッチリしてかなり綺麗になるという事なので、それに期待です。

 

また、この日来てみると、4本あるマストのうち1番前のフォアマストと3番目のミズンマストの、

一番上のヤード(帆桁)が取り外され、日本丸前にあるステージの前に置かれていました。

そして、その奥には替わりに取り付けられると思われる、新しいヤード(帆桁)が置かれていました。

 

 という訳で、すっかり足場に囲まれてしまった帆船日本丸です・・・ ↓

 

    船首側の方には仮設トイレですが、扉が開けっ放しです・・・ ↓

    

       船尾側も足場で囲われてますし、仮設トイレもありますね・・・ ↓

       

          船の上面、甲板もシートで覆われてしまっています・・・ ↓

          

見慣れているはずの風景も違和感が・・・ ↓ これに見慣れた頃には再び海水が注がれてるでしょう。

 ふと見上げてみると、一番上のヤード(帆桁)が取り外されていました・・・ ↓

 

    取り外されたヤード(帆桁)はここに・・・ ↓ その奥には新しいヤード(帆桁)が置かれています。

    

       この橋は作業者が船に渡るのに必要なんですね・・・ ↓

       

          そして、船の上でも修繕作業が行われている様です・・・ ↓

          

そんな訳で、現在は囲まれていますが・・・ ↓ 次に姿が見えるときには、お色直し完了って感じかな?

 

帆船日本丸〓fab44〓大規模修繕工事

fab44さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス