【フリー雀荘 348店舗目】龍麻 御徒町 ノーレート | トッシイ@天鳳の麻雀日記(ブログ)

トッシイ@天鳳の麻雀日記(ブログ)

天鳳、フリー雀荘巡りを中心に麻雀をプレイしています。


テーマ:
今回のこの雀荘は、ある意味非常に記憶に残る雀荘となりました。
 
御徒町にある
 
龍麻(たつま)
 
です。
 
こちらです。
 
 
 
趣のある扉
 
龍馬って感じ
 
この雀荘は普段はセット専門です。
 
こちらがホームページ。
 
 
このページに「健康麻雀はじめました」というのがあります。もともとセット専門の雀荘が途中から健康麻雀を始めて見ましたという場合は、結構な頻度で「人が集まらないからもうやめた」というケースが多いです。なので今回も電話してから行くことにしました。
 
すると、
 
「健康麻雀?やってますよ。人が集まりそうなときに電話するから電話番号教えて」
 
ということになりました。やはりまだ雀荘側が人を集めてセットを組まないといけない状態のようです。
 
この電話から一ヶ月後くらいに電話があり、麻雀龍麻に向かいました。
 
この日はみんなが集まれそうな13時くらいに集まりました。
 
店内は広くて10卓。
 
昼間から奥の方でセットが2卓立っていました。いずれも大学生のグループ。
 
スタッフの人は女性で中国人の方で、日本語はバリバリ。
 
程なくして4名が集まり健康麻雀の開始です。
 
料金は一時間200円。
 
メンツは
 
・ママさんと呼ばれる、近くにお店を何軒も持ってる人
・老紳士と呼んでよさそうな、ビシッとしたじいちゃん
・案内してくれた中国人のスタッフのおばちゃん(年齢不詳)
 
いやー濃いメンツだった。
 
ママさん「今日は賭けないの?」
 
スタッフ「今日のはお金かけないよ。それにどーせママさんかけたって絶対負けちゃうじゃない」
 
ママさんは麻雀勉強中らしく、この場所にちょいちょい通っては麻雀を教えてもらっているらしい。
 
ママさん「今のうちから麻雀覚えとこうと思って。今はいいけど、もっと歳をとったら動けなくなるもの。でも麻雀なら打てるでしょ。楽しいし。だから今から勉強してるのよ」
 
素晴らしい。
 
でも毎回このようにノーレートで打ってくれる人が集まるわけではないらしく、しかたなく賭けるメンツに相手をしてもらう場合もよくあるらしい。印象では今回のようにノーレートで打つほうが珍しそう。
 
自分はこの時
 
「すぐ近くにもっといい場所があるから紹介しましょうか」
 
と声をかけたかったけど、やめました。ママさんはこの場所が凄く気に入っているみたいだったし。
 
このメンツの麻雀は多分一時間半くらいで終わった。
 
するとママさんがもともと予定があるから帰るという。
 
帰り際ママさんが自分のことをいたく気に入ってくれたらしく
 
ママさん「また今後相手してよ」
 
自分「うーん、そんなに来れないんですよねー」
 
スタッフ「〇〇さん、賭けないから面白くないなら賭けるでもいいよ、それならどう?」
 
自分「あまりにも実力差があると賭けたら申し訳ないですよ」
 
そしてこの後の一言が強烈
 
スタッフ「いいのよ。ママさん沢山お金もってるんだから。ねー。」
 
自分「ちょっとまた今度考えますね」
 
ということでおさまりました。
 
このママさん。どんだけ毎回授業料払ってんだよww
 
で、このタイミングママさんが抜けたためにメンツが急に足りなくなった。急いで中国人スタッフがいろいろ電話を開始。するとなんとか来れそうな人が見つかったのです。
 
正直このタイミングでママさんと一緒に帰っておけば良かったのです。
 
30分くらいして来てくれたのが、また中国人の女性。
 
というわけでメンツは以下の通り
 
中国人の初心者(日本語わからない)
中国人のスタッフ
じいちゃん
 
まー、もうこのメンツが強烈すぎた。
 
そもそもこの中国人の初心者の女性は、日本の麻雀がわからない。おまけに、日本語も全くしゃべれないのだ。
 
それをこの中国人スタッフがああだこうだ、怒ってるのか教えてるのかわからない口調で話をしながら打ってる。(えっ、友達じゃないの?)
 
自分は全く中国語がわからないから、もう何を言い争っているのかわからない。
 
ゲームの展開も今まで見たことのないような展開に
 
中国の麻雀はトイトイか高い手になるらしく、とにかくポンしまくる。考えてみるとこの中国人の2人からはリーチの発声は一度もなかった。
その前のゲームでもスタッフの中国人女性はずっとトイトイ狙いだったのですが、それに輪をかけてもう一人トイトイ狙いが増えた。
 
で、それに触発されて対面に座っていたじーちゃんまで人が変わったように鳴きまくる。
 
つまり
 
じいちゃん(鳴きまくる)
中国人スタッフ(トイトイ狙い)
中国人初心者(トイトイ狙い)
 
という感じ。
 
どうなっちゃうかというと、毎回下の写真のような感じになる。
 
中国の麻雀は捨て牌も丁寧に置かないらしいけど、このときの初心者の人はこんな感じ。もうぐちゃぐちゃ。ぶっちゃけ、もう上の段と下の段が混ざり合って順番が全然わからなくなっちゃうんですww
 
そしてみんながみんなトイトイ狙いwwwじーちゃんあんたまでかよ(^^;;;
 
もうここまでカオスになると、自分も楽しくなり全く注意はしない。もともと自分は人に注意することはほとんどないのですが、もうこのときは逆にテンションがおかしくなってました。
 
一番厳しかったのが
 
打つのが劇遅ということ。
 
とにかくじいちゃんと、この初心者の人が劇遅。もうただの遅いってれべるではない。
 
あげくの果てにはこの店のスタッフである中国人女性が、
 
寝ちゃう
 
という状況に。自分が隣だったらかちょいちょい起こす。
 
スタッフ「ったくさー、こんな遅かったら眠くなっちゃうよー」
 
と言いだす始末。この初心者の人、あんたが呼び出したんじゃねーかよ。
 
まーもうどうでもいいけど、このノーレートって一応時間制じゃんか(笑)
 
でも初心者の人が、単騎待ちをあがったりして大はしゃぎしてるのをみて、たまに癒されました。
 
いやー、スタッフが寝ちゃって何度も自分が起こす麻雀は初めてだったよ。
 
おまけにこのメンツでの麻雀は1ゲームで終わりにした。
 
そしてこのゲームの試合時間が驚くことに
 
3時間
 
これまでの最長記録となりました。
 
2ゲーム打って
 
1着→1着
2-0-0-0
 
ちなみにここまで書き忘れていた重要なことがありました。
 
全局チョンボが発生するため、
 
「もうチョンボなしでやろうよ」
 
ということで、やってました。チョンボが発生したらそれはなかったことにして、そのまま続けちゃいます。
 
そんな状況の中で自分・・・
 
「最後の最後まで、笑顔を絶やさずに通せた」
 
んです。当然作り笑いもあるけど、これには自分でも驚いた。
 
麻雀龍麻
 
本当に記憶に残る雀荘となりました。
 
そのあと何回か着信がありましたが、やんわりとお断りの電話をしております。
 
次回は
 
千葉
 
に向かいました。
 
ではでは。
 

トッシイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。