トッシイ@天鳳の麻雀日記(ブログ)

天鳳、フリー雀荘巡りを中心に麻雀をプレイしています。


テーマ:
実は最近気が付いたことがある。
 
日本健康麻将協会の主催するオープン戦。これって会場によって集計方法がまちまちだったりする。
 
A会場:時間制限あり
B会場:時間制限なし

一番良かった4ゲームの合計得点を申請するのは一緒
(6ゲーム打ってれば、そのうちの良かった4ゲームを切り抜いて申請できる)

これだったら、圧倒的にB会場のほうが有利なんじゃなかろうか。アガリやめなしのルールだから、ラス親で大連荘すれば稼ぎまくれるしね。おまけに、1日単位(デイリー)で、前回上の中で合計得点の1位の人しかチャンピオン大会の出場権が得られないのであれば、結構大きな差になるんじゃないだろうか。

ただ、協会のページのルールには、時間制限はないので、卓組を考慮して運営している会場はちょっとこの点では不利になっちゃうのかな(^^;と思いました。

ちなみに、時間制限がない場所が殆どです。
 
先日は越谷まで行ってきました。正確には新越谷。
 
この近辺では以前には、「トマト」「ピノキオ」というところに行きました。どちらも0.5です。当時も既に健康麻雀店を巡り始めてはいましたが、再びこの地に戻ってくるとは。
 
この場所はピノキオに行くときに通っていて、「駅前にすげー目立つ健康マージャンの看板あるなー」って思てたんですよ
ただ、看板に
 
「日本健康麻雀協会 越谷支部」
 
なんて仰々しく書いてあるから、「事務所なのかな?」と思ってしまい扉を叩かなかったという経緯がありました。
 
こちらが麻雀クラブジャン新越谷店です。
 
駅から徒歩0分です。
 
この看板にある「うつ病」って単語がね。結構いろいろなところに書いてありました。
 
 
 
健康麻雀って色々な箇所に「認知症」「うつ病」とかの予防って書いてあるんだけど、恐怖心を仰いでるなーとw 効果はもちろんあるんだろうけど、自分は健康麻雀のうたい文句でこの表現は最近あまり好きじゃないんだよな。どちらかといえば
 
「お友達、仲間を作ろう」
 
みたいな響きのほうが好き。まー、認知症予防がどうのこうのうたうことによって「息子に進められて、また麻雀を始めてみた」なんていう人も何人か出会ってはいるんだけど。

いずれにしろお年寄りの社交場として、健康麻雀ってのは、すでにその地位を確立してるんじゃないのかな。と思う。何十年もあるわけだし。そして、井出洋介の名前を見ない健康麻雀会場は、ニューロン以外の会場ではみたことがありません。さすがに最近は井出さんの書いた読み物とかに少し興味がでてきてる気もする(^^;
 
話がそれましたが、こちらのシステムです。
 
■システム
・10時から16時で、2160円
・日月水金土
・電話予約なしでも大丈夫
 
みなさん普通に打てる打てる。サクサク。やはり日本健康麻将協会に所属している店舗っていうのは、打てる人が多いです。こういう卓に案内されて席替えがなければ、1日サクサク打てるからラッキーなんですよね。
 
結果は
 
1着→3着→2着→3着→1着→1着
3-1-2-0
 
でした。
 
ちなみに、自分が行ったのは土曜日でしたが、1卓残してほぼ満卓でした。本当に盛況です。ちなみに健康麻将協会に所属しているところだけが盛況というわけではなくて、所属していなくても大体のところが盛況なんですよ。
 
で、結構あちこちに健康麻雀ってあるんですよね。探してみると。自分なんて行ける範囲ですでに70店舗は行ってるわけで。やはり麻雀全盛期の方々の層は非常に厚いってことなんだろうね。ただこの状況があと20年続くとは思えないとは思うのだけれど。経営者もほぼほぼ60代以降だったし。
 
今のフリー雀荘に行ってる40代、50代の人たちは、おじいちゃんになってオンレートで打てるお金もなくなったら、どうするんだろう・・・・。その時は健康麻雀に行くんだろうか。それともゲームセンターで麻雀打つのかな。自分も含めてね(^^;;
 
でわでわ。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

f94017mjさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。