ブログを書いて気づくこと。 | f800shiranprixのブログ

f800shiranprixのブログ

価値あるブログってなんだろう?
価値ないブログってなんだろう?
try and error 、紆余曲折、のらりくらり。


いいね。

 

 

以下、いつものように、僕のブログは進む。

(2019/11/26 午後、修正してみることにしました。)

ブログ

10月下旬から100記事投稿を目指し、おもいのほか、いっぱい記事をかいちゃった。

ブログ記事の内容

ブログ記事を、どのように書こうか、迷うことがあるのだが、
僕が投稿した記事を読み返すと、ずいぶん、慌てているなぁ、ということに気づく。

 

僕の記事は、グルメレポとかスイーツレビューなど、取材費が  かかる内容は無理なので、
どちらかというと思い出記事が多いみたい。

ブログを書くことの効果1

ブログ記事を書いて、自分が、どういう人であるのか、改めて気づくところは、
ダジャレというか、子供じみた冗談ばかり持ち合わせているなぁ、ということ。

僕は、リブログさせてもらったブログから学ぶことが少なくないのだが、
記事にできない状態は己を見失いかけている可能性があるという読み方をして、
僕の場合は、そうだと、改めて気づけてよかった。
 

低空で旋回をし続けているような現実の中で、
僕は子供じみた冗談で切り抜けようとしている。

 

今、この記事を書いていて、
ほんとうに子供じみているなぁ、と実感している。

 

大人になりきれない大人、アダルトチルドレン、発達障害などの言葉で
形容される状態かなぁ。

 

ところで、大人とは何か、アダルトチルドレンとは何か、発達障害とは何か?

専門的な定義があってのことだと思うが、
なかなか言えない言葉の一つひとつだなぁと思っている。

 

いつか、そのような言葉を投げかけている人たちが、
そういう分類に該当する人であるという考え方は、可能だ。

あくまで可能性だけどね。

 

ニュースでみる現実に照らして僕のブログ記事を顧みると、
世間知らずだなぁ、と感じているのも亦、事実。

 

僕は、社会に対して批判的でなく肯定的に見るほう。

だから、暗いニュースを仕方なく、 やじ馬根性を交えながら直視するのだが、
肯定的にみる対象事項を肯定して出てくる感想は、
ある種、悲劇の確認をしているようなところがあって、
僕はイヤな気持ちだね。

 

イヤでも我慢して勤めに出かけ、家族を作り、社会貢献する、
それができていないということで、僕は、
まあ、発達障害とか、そういうところが否定できない気持ち。
ただ、人は、おもいのほか、強くないものだと考えていて、
根性論のような勢いに疲れがでているのが今の社会の現実である
という印象になっている。
ただ、社会の一戦で活躍する人の感覚からすれば、僕は甘いということは、言える。

 

ブログを書くことの効果2

最近、薬局で買える睡眠導入剤がテレビC.M.として放映されている。
僕は、昔、こういうの買ったことあるよ。
今は全く買わないけどね。

自律して進む人、足を引っ張って人を潰してでも上に出たい人、いろんな人が錯綜し、
酷いもんだと思うのだが、
エスカレートする可能性があるこの現実の様相は、大人にとって、普通のことのようだね。

自分がどのようなことを考えているかの整理になると同時に、
自分の置かれている社会の現実を知る、
そういう意味で、ブログに書くまでのブログを書くときの効果って
あるなぁ、と思った。

それで、僕ができることは何か?
やはりブログ効果1に戻る。

あんまり無理しないことが肝要だということに落ち着くほかなさそうだ。

のんき

年金とかの現実問題が沢山あって考えたものだったが、
現実的に容易く解決可能に見えて、そうは簡単ではなく、
自分に降りかかってきた事柄からみて難しく考えすぎということもなく、
ましてや、引っ込み思案ではないかとか、ひきこもりではないかとか、そんな話ではない。

ほんとうは難しいものがあるなぁ、と。

 

なるべく車を使わないようにしていて、コンビニに自転車で出かけるとき、
運転を間違っちゃって帰ってこない可能性が想起されることが多い。

これは、将来を夢みても無駄な可能性があるということで、
同時に、将来必ず困ることに備えて考えを巡らせても無駄な可能性がある
ということになっちゃった。

そうは言っても生物だから、
結局、注意して買い物してレジ袋をハンドルにぶら下げたりして帰ってくる。

だが、来るべき将来に向けて、できることを出来ること未満でしてゆきたいのも亦、現実。

ほどよく楽しいが  いいなぁ。

 

低空を旋回する状態から巡航ができる、程良い高度へ進める時期まで、
旋回を続けるほかなさそうだ。

 

こういう日常も、いいもんだ。

 

あんまり無理しないことが肝要だということに落ち着くほかなさそうだ。

 

こうして僕のブログ記事投稿は進む
と思う。