仙台市青葉区の女性(63)が、離婚後に死亡した男性=当時(59)=の遺族厚生年金の不支給処分は違法として、国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が7日、仙台地裁であった。畑一郎裁判長は、訴えを全面的に認め処分を取り消した。
 畑裁判長は、女性が離婚後も男性と行き来し、経済的支援をしていたことなどを指摘。「社会通念上夫婦の共同生活をし、家計を一つにしていたと認められる。厳しい取り立てから免れるための別居はやむを得ず、原告側の受給要件に欠けるところはない」と判断した。
 判決文によると、女性は2000年、男性が事業に行き詰まり、社会問題化した商工ローン業者らからの厳しい取り立てを受け、身を守るために離婚した。しかし、男性が死亡した03年3月まで、病気だった男性の世話をしていたほか、家賃を代わりに支払うなど経済的な援助もしていた。 

【関連ニュース】
振興銀110番、6日実施=SFCG債権、弁護士らが電話相談
振興銀を行政処分へ=内部管理体制に不備

野生ザル「スノーモンキー」商標騒動が決着(読売新聞)
本社・FNN合同世論調査 「無党派層」民主へ回帰(産経新聞)
追悼 ルイーズ・ブルジョワ ぬぐい去れぬ記憶が作品に(産経新聞)
新首相、初外遊はサミットに=上海訪問見送り(時事通信)
「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)