娘役転向

テーマ:

タカラヅカでは、男役から娘役(女役)に転向する、という事例

がある。

転向組の強みは、生粋の娘役さんには無い、押し出しの良さ

とか、迫力とか、見せ方とか…色々挙げられるが、一度しか

無いタカラヅカ人生の中で、男役・娘役両方 経験できるという

のは、オトクなんだろうね。

 

私がタカラヅカを観始めた頃は、今よりも、転向組が多くて。

ちょうど、湖条千秋さんや五條愛川さん、松風都巳さんが転向

した頃だったな。

すでに転向していた城月美穂さん、やがて転向した若葉ひろみ

さん、姿晴香さん、桐生のぼるさん…。遥くららさんは、ご自分

の意志ではなく、「劇団からの申し渡し」という形で、娘役に

転向させられた(表現がマズイかな)そうだ。

 

あの大スター、プリマドンナ、初風諄さんも、入団当初は男役

だったという。意外。

私の大好きな54期の中では、奈緒ひろきさん、矢代鴻さん

などが転向組。

 

条はるきさんの娘役転向には、本当にビックリした。なんで?

どうして?と思ったが、その後のミヤイさんの大活躍は、

皆さん ご承知の通り。

世れんかさんは、転向されたのだったか、娘役に転向した

わけではないのに、娘役として配されるようになっていった

のか、正確にはわからない。

 

鮎ゆうきさんが娘役に転向した時は、テレビドラマ出演を経て

からの転向だったので、遥くららさんと似たケース、と言われ

たっけ。

 

平成になってからも、千紘れいかさん、紫城るいさん、天勢

いづるさん、大湖せしるさん、純矢ちとせさん、彩星りおん

さん、天咲千華さん…などなど、男役から転向した素敵な

娘役スターさんがズラリ。

 

朝峰ひかりさんは、条はるきさんのように、結構 キャリアを

積んでからの転向だったので、これまた意外だった。

 

音咲いつきさんは、娘役に転向します、と発表されてから、

男役として1公演があった、珍しいケース。

最近 転向したばかりの天紫珠李さんは、男役として かなり

カッコいい魅力的な人だと思うので、もったいない(もうちょ

っと、男役姿を観たい)気もするな。

 

あと数ヶ月で卒業(退団)してしまう愛希れいかさんも、スタ

ートは男役。文句なしの実力と華やかさで、現役NO.1の

娘役スターの座に君臨する彼女の後任は…天紫珠李さん

なのかなあ…。