リスクは少ないほうが良いパート2 | 介護業界の人材不足に物申す

介護業界の人材不足に物申す

介護業界で働いて10年最近の人材不足は少し異常
そこで働きやすい介護施設とは?
ちょっと辛口に書いてます


テーマ:

提携病院や訪問医師などは施設に近いにこしたことは無い

 

特に夜間帯にこわいなぁと思ってる方が多いと思います

特にほとんどのことがご自身でできる入所者

部屋で転んで頭を打った後ひっくり返ってるのを発見

提携の病院がちかいとそこからドクターがすぐに来てくれる

それなら安心です

施設によってはマニュアルにこう書いてあります

施設ナースにオンコールナース指示があってから救急車を呼ぶ

または提携病院に連絡

この時間で命がきまってしまうこともあります

介護職員の判断で直接ドクターを呼べる

そのほうが安心できますよね

 

また提携病院と施設でクリニック併設と

対応も違いますよね

 

私が実際に経験したことですが

夜間にたんを詰まらせ、何をしてお流れません

夜間にナースがいないので吸引器があってもできません

ナースにオンコールしましたが

「大丈夫、ポカリでながして体位交換して対応して

 たいしたことない」

との返事

そんなこと介護職員だけでもやってるし

指示貰わなくてもできること

そうこうしてる間にチアノーゼ出てきました

たまたま提携病院がお隣にあったので連絡

しかしその提携病院は同じ法人で老健を持っているのです

そちら優先で提携先はあと回し

直接病院に電話しましたが、ドクターがいない

との返事

マニュアルに従い

施設長に電話でほうこくしてから

最後に救急車を呼びました

その時の施設長の返事は

「俺、呑んじゃったしいけないよ

 夜勤なんだからそのぐらいやってくれないと」

耳を疑いました

 

すぐに着いた救急車は入居者を救急車の運んでから

受け入れ先を探し始めました

なかなか決まりません

 

最終的にお隣の最初に電話を入れた病院で受け入れてくれましたが

その時には入居者様の息はありませんでした

本当に悔しかったのを覚えています

施設の危機管理が甘すぎる

 

ナースがいないのに重度の入居者を平気で受け入れる施設も

すくなくないですよね

実際に対応するのは介護職員

怖い思いをするのも介護職員

悔しい思いするのも介護職員

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へ
にほんブログ村

 

 

 


介護職員ランキング

さきこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス