愛をどこから埋める? | 天衣無縫

天衣無縫

新時代のスピリチュアル


テーマ:

第6の叡智をお申し込みいただいたお客様からご質問があったので、みなさんにシェアさせていただきます。叡智の内容がわからなくても役立つ部分もあると思いますよ(^~^)

わかりやすく理解していただくために、質問へのお答えは大天使のミカエル君にお任せします(^∇^)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ご質問(一部抜粋)

3/6のシフォンさんのブログにあった『愛の欠乏感』も、第6の叡智でいう受けとめる対象の感情のひとつという理解でよいでしょうか。

「愛の欠乏感」で求める愛は、実は自分(の魂)のエネルギーではないかと感じています…自分の属する元に帰ろうとする衝動のように感じています(自分以外の他の愛では一時的に満たされるだけで、結局は満たされないように感じます)。
とすれば、この愛の欠乏感には、第6の叡智でいう自己愛(感情を受けとめる)が有効で、もっと言えばそれでしか解消できない、という理解でよいでしょうか。

 

では、いつものようにミカエル君に答えてもらいましょう(^~^)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
天使:「欠乏しているのは仕組み上のことであって、どう感じるかはその人のフィルターによるんだ。

欠乏感をどんな感情として体験するかは個人で異なる。

寂しさや怒り、無力感などのこともあるだろうね。

つまり欠乏感というのは、感情ではなく、感情の元だと理解してほしい。

 

あらゆる感情の大元は、『満たされている』『不足している』かのどちらかしかない

これを違う言葉で言うと、『愛』か『怖れ』かってなるね。

 

愛をどこから求めるかも個人によって異なるけど、ワンネス(第2の叡智参照)を真に理解していれば、どこに在る愛も全部自分の愛ということがわかる。

だって、自分しかいないんだから。

ただ、現実として、自己完結しているか、他者から与えられているように見えるかってのはあるけどね。

 

そういう意味で、愛の欠乏感を埋めるには、最終的に自己愛しかないことになる。

この辺は、第2の叡智やこれから受け付ける「他者愛」を読んで理解してほしい。」

 

自己愛と他者愛の関係ってのが、目からうろこなんですよо(ж>▽<)y ☆

自己愛を深めることが基本ですが、生きているうえで他者愛の真の意味を理解する必要がある。

でも結局は全部自己愛(ワンネスだから)。

 

う~む・・・理解の限界を超えていますね~(^▽^;)

 

キラキラ自分らしく生きるための企画 『12の叡智』

   第1第2第3第4第5第6の叡智も受付中です(°∀°)b

 

ベルお悩み相談などのセッションを受付ています(^~^)

・遠方の方、一つの問題を深く知りたい方は ⇒ メールセッション手紙

・自分らしさを探している方、たくさん話したい方は ⇒ 輝弓(キボウ)セッション星

・気付きと癒しの両方が欲しい方は ⇒ Terraさんとのコラボセッションクローバー

 

・お問い合わせ先はこちら⇒f_m_shifon-michael☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください) 

 

次元 読んでいただき、ありがとうございました☆-( ^-゚)v

シフォンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス